AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. しょうのすけさん
  4. 人口世界第4位 平均年齢29歳 インドネシアの魅力とは
海外インターンブログ

人口世界第4位 平均年齢29歳 インドネシアの魅力とは

 初めまして。
 来月より、インドネシアにてインターンに参加させていただく大山です。
 
 インターン参加を前にしてインドネシアという国について調べてみました。




 日本において少々高齢化が深刻化し、今後国内の市場が衰退していくことが見込まれる中、企業が成長戦略を描く上で海外進出という手段は外せない選択肢となっています。

 


 そうした中、2007年には4322億ドルであったGDP2014年には1兆ドルを超え、今後もますます魅力的な市場になるであろう、インドネシアの魅力について述べていきたいと思います。

 

 

1 人口世界第4位

 

 インドネシアの人口は2016年現在、約2.6億人であり年々上昇しております。

この数字は中国、インド、アメリカに次ぎ世界第4位であり、今後もより一層増加していくと考えられます。

 また、この大きな人口はASEAN10ヶ国城内の約4割を占めております。


 

2 平均年齢29歳

 

 日本の平均年齢が約45歳と少々高齢化が加速する中、インドネシアの平均年齢は29歳と非常に若く、これは生産年齢人口が非常に多いことを意味します。巨大な人口、若い労働力により今後内需が大きく拡大していくことが見込まれます。

 


3 親日度の高さ

 
 アニメ、コミック、アイドル、食、工業、等と様々なものが日本からインドネシアへ輸出されています。
そうした中、外務省の調査によると「自国と日本の現在の関係性についてどう考えているかという質問に対し、95%の人が非常に友好的、またはやや友好的との回答をしております。
 また、「日本は自国にとって信頼できる友だと考えるか」という質問に対しても同様に95%もの人がはいと回答している。

 こうした背景より、商売がうまく行きやすいという日系企業も多く存在するようです。

 

 

 このように、年々拡大するマーケット、さらに親日度の高さゆえに日経企業が進出する上では非常に魅力的な国であると考えます。

 さらに、インドネシア語は一般的に難しくない言語であると言われているため、努力次第では言語の壁をそう感じることはないでしょう。


  これらを踏まえた上で、将来インドネシアで勤務するという選択肢も視野にいれてみてはいかがでしょうか。

人がいいね!と言っています。
関連する情報
コメント
コメントはまだありません。