AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. はりーさん
  4. 美味い!美味いぞ!!マレーシア!!!
海外インターンブログ

美味い!美味いぞ!!マレーシア!!!


 

こんにちはー!!

8月よりマレーシア・クアラルンプールでインターン開始予定の高畑希と申します!

よろしくお願いします(^ ^)

 

どんどん渡航日が迫っています!ワクワク、ドキドキ・・・・・・。

今回、初マレーシアなので分からないことばかり・・・

その中でもやっぱり気になるのが、ごはんのこと!!!

 

自他共に認める食いしん坊(バイト先でのあだ名はフードファイター笑)である私!

もちろんマレーシアでも美食を食べ尽くす気 満々でございます!!!

 

というわけで、この記事ではマレーシアの食文化についてご紹介します(^^)

 

マレーシアは、様々な民族・文化が入り混じる多様性豊かな国。

もちろん食事も例外ではなく色々なジャンルの料理があるようですが、以下のように主に4つの種類に分けられるそうな。

 

             
マレー系

             
中国系

             
インド系

             
ニョニャ系

 

③までは分かるとして・・・④のニョニャ系ってなんや!?Σ( ̄。 ̄ノ)

謎のニョニャ系・・・!!

 

 

ではでは、①マレー系料理からご説明しましょう!!

 

その特徴は、独特の辛さ!!

でも、タイ料理のようなピリッッッという辛さではなく、

口に入れた瞬間は甘い!?と感じるけどジワジワ〜・・・グワッとくるような辛さのようです!!!

その秘密はマレー系料理には不可欠なサンバルソースに入っている玉ねぎで、

クセになる美味しさだそうですよ!!

 

最初はマイルドだけど、蓋を開けてみれば刺激的・・・

ちょっと前に流行ったロールキャベツ男子という感じでしょうか!?笑

 

代表的なマレー系料理には、「ナシゴレン」(マレー風焼き飯)「サテー」(マレー風焼き鳥)などがあります!!

bd3461fcd1890e4d4a1f931c34d378df.jpg       741257e50ecda73fccc3a7d98c230978.jpg

「ナシゴレン」          「サテー」

 

 

 

次は②中国系料理いきましょう!!!

 

歴史的に中国とつながりの深い、中国!

やはり料理にも関係してくるんですね!!

 

中国系料理は、飲茶に代表される広東料理、お粥で有名な潮州料理など、各地の料理をディープに味わうことでき、

しかも本場中国で食べるより美味しいと言われているそうです!

これは期待値がうなぎ上りですっ*(^o^)/*

 

マレーシア発祥といわれている「パクテー」(豚の漢方スープ)小麦粉でつくる麺料理「バンミー」が代表的な料理として挙げられます。

 6f4b2a3ab37be6463df0eea6d5487de4.jpg「パクテー」

 

早く食べたい・・・。

 

 

 

さて、③のインド系料理!!!

 

インドには一度行ったことがあるのでワクワクです!!

 

インド系料理はやっぱりカレー!!!

 

人気メニューは、「ナシカンダー」といって、

ひとつの皿にご飯を盛り、そこに好きなカレーやおかずを乗せ、その全部を混ぜて食べるスタイル。

また、「ロティチャナイ」(インド風のパンケーキ)「バナナリーフカレー」(カレー定食)も定番のようです!

45da4e7f3b64983a18a89cd600afa776.jpg           ca8ef91fbbf07d31c75305833e1de042.jpg

「ロティチャナイ」       「バナナリーフカレー」 

 

あれ・・・ここまでインドで食べた料理ゼロ・・・・・・( ;´Д`)

インドもマレーシアも多様性抜群の国だから色々な料理があって当然ですよな・・・笑

食べるのが本当に楽しみです!!!

 

 

 

さあ、お待ちかねの④ニョニャ系料理いきましょう!!

 

謎のニョニャ系料理の正体はプラナカン文化が生み出した独自の文化でした!!!

 

ぷ、プラナカン文化・・・( ? _ ? )

 

プラナカンとは、15世紀ごろに中国から移り住んだ人々主にマレー人の現地人女性の子ども達のこと。

彼らが作り出した文化をプラナカン文化と呼ぶんですね!

 

そんな彼らによって作られたニョニャ系料理の特徴は、

 

マレー系料理の多様なスパイス

       

タケノコや湯葉などの中国ならではの食材

 

まさに中国人とマレー人との子どもであるプラナカンを象徴するような料理なんですね!!

 

また、イスラム教徒にとってタブーの豚肉を使う点も大きな特徴!!

 

代表的料理は、「バイティー」(野菜入りスナック)「オタオタ」(魚のすり身)があります。

 986b806f2082554e752b9ddfee14e079.jpg           2bc6c83d2c8cb6c1bc09e1a86e34637b.jpg

「パイティー」               「オタオタ」

 

どれも手が込んでいて、その美味しさから大人気のようです!!

 

 

以上、4つのジャンルを中心にマレーシアの食事についてまとめました。

日本ではあまり知られていませんが、マレーシアは美食の国のようですね!!

フードファイターとしては、どれも早く食べたくて仕方ありませんんん!!!

 

お腹を壊したり、体重が激増したり・・・悲惨な状況にならないように気をつけたいと思います!!笑

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^ ^)!!!

 

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。