AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. (ニックネーム設定なし)さん
  4. ごちゃまぜ!?マレーシアのローカル飯
海外インターンブログ

ごちゃまぜ!?マレーシアのローカル飯

マレーシアの首都、クアラルンプールにインターンに行く予定のNaoです!


「食べ物に対する藍より誠実な愛はない」とはバーナードショーの言葉ですが、どこの国に行っても楽しみなのが、その国の特徴が色濃く反映されている食べ物ではないでしょうか。

せっかくしばらくマレーシアに住むのだから色々なものを食べてみたい、と思いローカルフードを調べてみましたが、情報が出てくる出てくる!そんな数あるマレーシアのローカルフードの中から今日は簡単に3つご紹介いたします。




アッサムラクサ(Assam Laksa)


ラクサは、香辛料がピリッと効いた麺料理で、サンスクリット語の「多くの」を意味する単語「lakh」が語源になっています。ひとことで「ラクサ」といっても、地域によってかなり違いがありますが、スープは肉ではなく、サバやアジといった魚介類からとられるという点は同じです。ムスリムの多いマレーシアの文化的背景を感じさせます。ラクサは主にマレーシアやシンガポールで食されていますが、特にこのアッサムラクサは、アッサムとよばれるタマリンドのしぼり汁が入ることでさわやかな酸味がプラスされます。魚の身がたっぷり入った酸味と辛みのあるヌードルです。日本は甘辛系の味が多いので、新鮮な味が楽しめそうですね!

812025b71519c188dc11fd5a162b0ab0.jpg



②ロジャッ(Rojak)


マレー語で「ごちゃまぜ、まぜこぜ」という意味。その名の通り旬の野菜や果物をごちゃまぜにしたサラダです。決まったレシピは特にない、というなんともおおざっぱというか豪快な料理。現地のひとびとからするとおやつ感覚で、屋台などで簡単に購入できます。インド系やマレー系など種類は多種多様。なので現地では一度とはいわず何度でも違う味を楽しみたいと思います!

2f47469f54d3c9408019f509379e1c55.jpg



③ラピスサグ(Lapis Sag)


一言でいうと、ココナッツ風味の餅菓子です。

ラピスサグとは、マレーシアの中国系の移民の女性(ニョニャ)に伝わるお菓子のひとつで,

色鮮やかな見た目はインパクト大!日本人の感覚からすると、触感はまるでういろうということですが、味もういろうのように素朴なのでしょうか、気になります。

4cfb1fb16db08f4c8ac96c977193db6d.jpg




マレーシア料理は主に、マレー、ニョニャ、インド、中国系の4つに分類されます。

見た目も味も語源すらも多種多様な料理の数々は、マレーシアという国そのものを反映しているようです。

実際のところはどうなのか、果たしてその実態はどのようなものなのか。

それは4月のインターン開始後からレポートできたらなと思います!

 




参考:

http://malaysiafoodnet.com/index.html




人がいいね!と言っています。
関連する情報
コメント
コメントはまだありません。