AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. てん@インド(デリー)さん
  4. インドを知ろう(その①)~三大祭編~
海外インターンブログ

インドを知ろう(その①)~三大祭編~

初めての投稿です。

こんにちは^^

東北大学の小松です。
1月14日からインド・デリーのエンリッチさんにて
約2ヵ月半の間インターンシップをさせていただきます。

私は16年卒業予定で、4月から社会人になりますが、
その前に、多くの人が、現在最もエネルギーに満ちているというこの国にて、
学生のうちに武者修行をしておきたいと思い参加にいたりました。

今回の記事では、その「アツイ国」インドの、
アツ~イ国民的三大イベント
ホーリー(Holi)、ディーワーリー(Diwali)、ダシャラー(Dassera)、
について、お伝えします。

国の大きなイベントや慣習は、
その国の人々の価値観形成に与える影響も大きいものです。
ある国(国に限らず、組織・ヒトも)について、そのコアを成り立たたせる因果関係を知れば、
そこへの親近感や愛着が芽生えて関わり方も密接になり、より有意義な渡航になるのではないでしょうか?

これからインドにいこうと考えている方や、
インドに興味があるという方は是非とも読んでみてください^^

1.ホーリー(Holi)
今回紹介するイベントのうち、私が渡航中に参加できる唯一の祭!

どんな祭かというと...
ドドーン!
f5d92ef1b14e1a032177b9700b2bed67.jpg

3847c27fc4ad198f513aba98bdc57f54.jpg

こんなイベントです^^

3月に行われるこのイベントは「色かけ祭り」とも呼ばれ、
誰彼かまわず水や色粉、はたまたバケツに入ったペンキをかけまくるらしいです。

色粉や色水を掛け合う由来はカシミール地方の伝承で、
この日に人家に押し入ってくる悪鬼ビシャーチャを追い払うため、
泥や汚物を投げつけたのが始まりとされています。

今ではただ単に色のついた粉や水を人に向かって
めちゃくちゃに投げ合うことによって友好を深めたり、
日頃のうっぷんを晴らしたりする日、と認識されています。

この祭の日は、知人であろうがなかろうが、観光客だろうが
お構いなしに色水をかけられるらしいです。

う~ん..楽しみにな反面、少し不安でもありますね...
とりあえずこの日のための服一式を用意しなくては!!!

2.ディーワーリー(Diwali)
07a540c4a956eb867dbf27523618b6d8.jpg

1b4cc35701d642aca95568ace8403c09.jpg

10月末~11月初めに行われるこのお祭。
「光のフェスティバル」とも呼ばれていて、
小さな土器のランプ・ろうそく・照明・花火、、
などのありとあらゆる光がインド全土の街中にともされるそうです。

このお祭の起源は諸説があるらしい...

それにしても街中の人々が一斉に光をともすなんて素敵過ぎますね!!

インドでインターンをしていた友人によると、
この日は日本でいうお正月のような位置づけで、
皆さんこの日は実家で過ごすそうですよ!^^

あ~、この光景も生で見てみたい!

3.ダジャラー(Dassera)
dc8aa7bbac7c3cf9460b31ab71164d04.jpg

8924a1cd3e014938cc43d834456bc0ae.jpg
10月に10日間にわたって行われるヒンドゥー教の祭り。
インド全域でさまざまな行事、夜遅くまでの花火や音楽が10日間続くらしいです。
魔人を滅ぼした女神ドゥルガーをまつりパレードをしたり、
ドゥルガー人形を川に投げ込んだりするところもあるそうです。

他の2つと比べてなんだかよくわからないですが、とりあえず楽しそうですね(笑)
=============================

以上でございます!
さすがはエネルギーに満ちているといわれるインド、
人と人との関わりの活発さが国の行事からも伺えますね。
「誰かと一緒に何かに熱くなること」
それこそが生きることの醍醐味といえると思います。

今回参加するインターンシップでは、そのエネルギーに触れ、吸収し、持ち帰り、
今後の日本を活気付けることに繋げられたらと思っています。

私が働かせていただくエンリッチさんは、ミッションとして
「インドと日本の架け橋になること」を掲げています。
私が現場で働かせていただく期間は限られていますが、
そこで学んだことを日本に持ち帰り、
自分のすべき形でで日本に還元していくことができれば、
必ずそのミッションの一助になると信じています。

そのひとつとしてこのブログでも、
読んだ人がインドをより近く感じられるような情報をお伝えしていきたいと思います。

今回はネットで調べた情報をお伝えすることしかできませんでしたが、
今後は自分の実体験と分析を下に、より有意義な記事を投稿していきたいと思います。
乞うご期待!!!!^^

そのためにも、(そんなことよりも、)
とりあえずこれから約2ヶ月半のインターンシップ頑張ります!

それでは!

人がいいね!と言っています。
AJITORA*古田佳苗
関連する情報
この著者の記事一覧
1件
コメント
菊地恵理子@AJITORA

ダジャラーは知りませんでした!新情報有り難うございます!

2016/01/10 20:55
AJITORA*古田佳苗

事前オリエンテーションありがとうございました!この調子で海外インターンにいく目的や目標、意気込み等もフライトでしっかり考えてぜひ発信してください^^楽しみにしています!

2016/01/12 23:00