AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. ぴょんたろー@インドネシアさん
  4. インドネシアにも武道がある!その名はプンチャック・シラット
海外インターンブログ

インドネシアにも武道がある!その名はプンチャック・シラット

はじめまして、皆さま。

ぴょんたろーと名乗っております。
現在は、大学でインドネシア語を専攻してる4年生です。
この度、来月10月から来年の2月までの5か月間をインドネシアはジャカルタにてインターンさせていただくことになりました!

さて、インドネシアと言えば、皆さまは何を思い浮かべるのでしょうか?
リゾート地のバリ島、伝統舞踊のジャワ舞踊・バリ舞踊、伝統演奏のガムラン、影絵芝居のワヤン・クリットなど・・・色々あると思います。
ですが、日本広しと言えど、プンチャック・シラットが出てくる人はなかなかいないのではないのでしょうか。

プンチャック・シラットって何?
武道と言えば、日本の剣道や柔道、弓道などが、まず挙げられるでしょうか。
それらと同じように、プンチャック・シラットはインドネシアの武道としてが紹介されます。

素手で行う拳法をはじめ、棍棒やクリスなどを使う武器術も豊富な護身術です。
(クリスとは、ナイフの一種です。)
口伝えだったため、起源について詳しいことは分からないのですが、少なくとも6世紀には存在が確認でき、シュリヴィジャヤ王国や
マジャパヒト王国では、兵士の訓練にも使われていたのだとか。
なかなか、歴史が感じられますね。

日本で知られているとすれば
数年前に、シラットをふんだんに使った映画が日本でも公開されましたね!
「ザ・レイド」という邦題で、主人公が麻薬組織のアジトに乗り込んでいくストーリーです。
アクションが、激しい!
カンフー映画とか、アクション映画がお好きな方は特に、楽しんで観れるものなんじゃないでしょうか。

後は、「ザ・タイガーキッド~旅立ちの鉄拳~」というものもあります。
残念ながらスカッとするストーリーではありませんが、グッと心に来るものではありました。
個人的には、好きです。

それから、今年の2月には「SARAH サラ」という映画も公開されていますね。
こちらは、私はまだ観たことがありません。
女性シラット使いが主人公ということで、上記二本とはまた違って面白そうです。
機会を捉えて、いずれは観たいです。

また、youtubeなどに演武の模様が多く上げられています。
身のこなしが素早く、華麗な印象を受けます。
あんな風に動けたら、かっこいいなあ。
私自身はまだ、プンチャック・シラットをナマで見たことがないので、今度のインターンでインドネシアへ行く際にでも、見れたら・・・などと淡く夢を描いております。

人がいいね!と言っています。
関連する情報
コメント
コメントはまだありません。