AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. ゆうき@インドさん
  4. インド合宿④混沌の地インドが教えてくれたこと
海外インターンブログ

インド合宿④混沌の地インドが教えてくれたこと

関西大学外国語学部3回生の長濱悠輝です。
今回はご縁あってこのインド爆速成長プログラムに参加させて頂きました。

私は正直、イン ドにいた約二週間ずっと「あ、インド苦手かも」と思っていました。食べ物はどこに行っても辛い、車に乗ると道路は常に渋滞、クラク ションが鳴り止まない、道に落ちているうんこが犬の物なのか人間の物なのか分からない、野良犬の恐怖が常付きまとう(噛まれると強制的に狂犬病)、オートリキシャのおっちゃんは道を知らないのに知ったふりする、など挙げてみれば私も予想以上に多くてびっくりです。
正直、日本の常識なんてまったく通用しません。
しかし今となっては不思議とそんなインドが恋しく思えます。それでは、混沌の地インドで私が何を経験し何を得たのかを体験談として書かせて頂きます。


1c5fc62aa1f83dbbc7da0d6b6ad4b171.jpg

目次

1.自己紹介
2.参加のきっかけ
3.参加前、参加後の変化
4.最も印象に残っていること
5.爆速成長プログラムの魅力


1.自己紹介
a6116f4597bd9e8a91f04c752ffb4fc7.jpg

名前 長濱悠輝
大学名 関西大学 外国語学部 英語学科 3回生
趣味 旅行、写真、ラーメン、野球観戦

2.参加のきっかけ

秋から就職活動の準備を本格的に進めていく前に、何かこの夏休みに大きなチャレンジをしたい、自分が今どのレベルにいるのかが知りたい、そう思ってインターンシップ、様々なプログラムを探していた中、見つけたのがこのインド爆速成長プログラムでした。私がこのプログラムに参加した理由として、1.自分の将来像をよりイメージしやすくするため実際に海外駐在している方々の空気感を知る2.大学で学んでいることとは違ったビジネスに関する知識を身に付ける、3.実際に海外で営業する中で成功体験を積み重ねることでさらに一回り成長したいこのような考えからこのプログラムへの参加を決めました。

3.参加前、参加後の変化

上記の通り、この3つの理由を軸にこのプログラムに参加しましたが、考えているのと実際に行動するのではまったく違いました。一番印象に残っているのはチェンナイに移動後の営業インターンです。この営業とは、インド四都市で発行されている日本語フリーペーパーシバンスの中にある広告枠を売るべく会社のオフィス、ホテル、レストラン等に飛び込み営業するという内容です。

この営業を一言で表すと、しんどい!!!この一言に尽きます。暑い中、1日に60件,70件もの件数を回って1つも受注が取れない、マネージャークラスとさえ話すことが出来ないというのは精神的にきます。私の場合、計4日間で初日に取れた1つの受注のみという結果におわりました。結果として目標としていた成功体験は収めることが出来ましたが、初日以外の残り3日間は結果は出ませんでした。努力しているのに結果が出ない悔しさ+何がいけなかったのか、また他に出来ることがあったのではないかを考え、その日の結果を素直に評価し、次への改善点をその日ごとに考えるのがチェンナイでの毎日でした。

この営業を通して学んだことが私には3つあります。まず1つ目、囚われないことの大切さ。1日にたくさん営業を回っていると、疲れから「この店は無理そうだな」と思考を制限してしまいます。思考を制限してしまうとあらゆる可能性を潰してしまいます、少しでもチャンスがあるならアタックすることで可能性を広げるべきです(以外とそういう場所の多くが反応が良かった)。実際、私の受注は住宅街にある日本人には見つけることが難しそうなスポーツジムでした。そのような場所であっても自分が提供できる価値を求めている人がいる、そして、そこまで視野を広げ、しっかりと届けることが出来た。ここで初めて「囚われない」ことの重要性を身をもって知ることが出来ました。2つ目として、相手にいかに価値を与えるかの重要性。柴田さん(シバンスの創設者)がビジネスとは価値を提供することと仰っていたように相手に価値が伝わらなければビジネスは成り立たないと気づきました。今回は短期間の営業だったので、他人とは違う自分だけが提供できる価値というのを意識しつつ実際にマネージャーと交渉しました。3つ目に、PDCAサイクルを普段から意識するということ。約2週間、毎日PDCAを組み立ててみて、check(評価)した後のact(改善)がいかに大事かということを思い知りました。帰国後もPDCAサイクルは意識して行動しています。

4.最も印象に残っていること

4f67710e2770a5a9538dcffd318f275a.jpg

上にも書いてある通り、私にはチェンナイで暑い中街を歩き回り営業したことが最も印象に残っています。その中でも特に印象に残っていることがあります。高級ホテルを営業した後、私が高架下を歩いていた時です。ゴミだらけの場所に思わず鼻をつまみました。覗いてみるとそこには、まだ5歳児ほどの子供達とその家族らしき人達が生活をしているように思えました。インドが超格差社会なのは頭ではわかっていましたが、実際に隣の高級ホテルから出てきてすぐにこの光景を見た時、これがリアルなインドなのかと思ったと同時に、リアルなんて言葉で片付けていいのかどうか分からないほどにその劣悪な環境に衝撃を受けました。

5.爆速成長プログラムの魅力

このプログラムはたったの2週間ですが、これほど濃い充実した2週間はなかなか出会えません。同じ志を持った学生達が集まることで決してだれてしまうこともなく、1人でも甘い考えを持っているならそれを遠慮せず指摘しあえるような、必ずみんなで成長しようという雰囲気がこのプログラムにはあります。

自己投資には時間的投資、金銭的投資、環境的投資の三種類があると聞いたことがあります。私はその中でも環境的投資が一番、学生にとって大切であり成長するために必要な物だと思っています。知らない環境や今の自分より少しレベルの高い環境に身を置いてみることで見える景色は必ず変わると思います。この体験記を読んでこのプログラムに少しでも興味を持って頂ければうれしいです。

c9518f967dd8b51f8a3e0d94a75b5fc1.jpg


長くなってしまいましたが、最後まで読んで頂いた方ありがとうございました!
次はまっすー!名古屋からよろしくです!

人がいいね!と言っています。
AJITORA*古田佳苗
杉原 達也
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。