AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 高校生ブロガーびしん@日本さん
  4. インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記《Day 13》part1
海外インターンブログ

インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記《Day 13》part1

インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記Day 13》part

 

こんにちは!高校生ブロガーのびしんです!   

 

今日の「マジか、インドネシア。」

えげつなく面倒くさいインドネシアのフードコート?!

 

今日はフリーデイ!という事で現地のスタッフにスマランに来たなら行くべき

場所へと連れて行ってもらうことになりました!

 

 

まず最初に訪れたのは、「WISMA BAKTI」という障害者支援施設です。

 

ここは、体や精神になんらかの障害をもつ方々を支援し就職活動などのサポートをする施設です。

 

では、実際にどんなサポートを行っているかというと

身体的な障害をもつ方には、筋力をつけるためのトレーニングや動かしづらい部位のストレッチを行い、自力で物を掴んだり機械を操作できるようになるためのサポートを行っているそうです。

 

精神的な障害をもつ方には、専門家によるセラピーなどを行い

他人と接する機会を少しずつ増やしたり、規律を守る事などを指導したりしているそうです。

 

このように、どちらのサポートも心身に障害を持つ方が社会へ出た時に少しでもハンデなく、自分でお金を稼いだり生活したりできるよう最大限の支援をしているそうです。

 

そして、実際にこの施設の中で障害者の方が作った作品を施設で購入する事ができるようになっています。

このように、ここでも自分が作った物を売るという感覚もこのように徐々につけているそうです。

 

では、その障害者の方が作品を作っている様子をピックアップしたいと思います!

 

これは、「バティック」といって日本でいう着物のような物でインドネシアの伝統的な布です!

この布を加工して衣服などに変身させます

 

特徴的なのは白く布に穴が開くところです。

今回作っているのは、水玉ですがそのほかにも様々な工夫がされている物があります

 

 

では、簡単にこの「バティック」の作り方を説明したいと思います!

 

1、白い布に溶かしたロウを白く残したいところに落としていきます



2、ロウが乾いたらベースとなる色で染めます

 



3、熱湯に入れロウを溶かします

 



4、模様を様々な色で縁取りしてから描いていきます

 

色塗り体験してきました!)

 


3と4の間でロウを垂らす作業を何度か繰り返すとより複雑で綺麗な仕上がりになるそうです!

 

このように、とにかく手間がかかるが完成品はとても綺麗なのが「バティック」なんですね

 

 

もちろんこのバティックは施設で販売されています!

このほかにも、アクセサリー類・絵・ティッシュボックスなども売られていて

どれも、お店で販売されていてもおかしくないほどの完成度でとても驚きました

 

 

次にこの施設の隣にあるCLモールへ向かいました!

 

モール内は、とても綺麗でとにかく発展しているなという印象を受けました!

 

最初に向かったのは、フードコートでした

ここには、インドネシア料理・韓国料理・中華料理・和食など様々なジャンルの食べ物が売っていて優柔不断でない人でも迷うくらいです

 

そして、僕はこの「ブラックペッパーチキンお好み焼き」を日本と同じようにそのお店で注文したのですが、そのお店には日本では考えられない少し不自然な点が…

 

 




ここで今日の「マジか、インドネシア。」

なんと、そのお店にはレジがなかったのです!!

周りを見渡してみるとほかのお店にもレジがない様子

こりゃどうなってんだ〜状態の中川原・・・

 

どうやら、インドネシアのフードコートでは会計をする場所と商品を受け取る場所が異なるそうなんです

 

手順としては、

1、     
お店で商品を注文する。

2、     
商品の値段・名前・店名が記された紙を受け取る

3、     
その紙を入り口のレジに持って行きそこで精算する(どのお店で注文してもここで精算)

4、     
紙に「精算しましたよスタンプ」をもらう

5、     
その紙を注文したお店の人に渡す

6、     
商品を受け取る

7、     
食べる

 

と「バティック」の作成過程より面倒くさいこのシステム

 

本来ならば写真付きで説明するべきなのに、お好み焼きが食べたくて仕方なかった上にめんどくさいなぁーこのシステムなんて思っていたため写真撮るのド忘れしました(汗)すいません。。。

 

こちらが、試練を乗り越えゲットしたお好み焼きです!

見た目は100点でやるなインドネシア何て思っていたら

 

 

味の方が、これがまぁ〜〜辛くて、断面を見てみるとブラックペッパーで

真っ黒に。

これを「ちょうどいいね!やっぱり日本食はおいしい!」なんて言いながら

パクパク食べるインドネシア人の味覚は計り知れません。

 



その後は、モールをぐるぐるしながら珍しい果物を見つけたり



インドネシア物価安いしマック食べ放題だな!とか調子こいたこと抜かしながら現地のマックに行ったら日本の2倍近い値段でチーズバーガーが売られており仰天したりと



とにかくモールを満喫し気がついたら時間はお昼に


その後、僕たちは車に乗りゴースハウスと呼ばれる建物へ…

 


続きはpart2で

▼下のリンクから▼

http://ajitora.jobweb.jp/blog/student/2245231/18862

お楽しみに!

 

高校生のいまだからこそ出来ることをやりたい!そんな思いがあります。
インドネシアへ3週間留学していました!
行動し続け目の前に流れるチャンスをつかむ

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。