AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 高校生ブロガーびしん@日本さん
  4. インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記《Day 11》
海外インターンブログ

インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記《Day 11》

インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記Day 11》

 

こんにちは!高校生ブロガーのびしんです!

 

今日の「マジか、インドネシア。」

インドネシアの高校生のFacebook普及率がぱない?!

 


 

今日は市内の中学校・高校に訪問しました!

 

今回訪問した学校は「キリスト教」の学校で中高が同じ敷地内にあります。

とても大きくてバスケットコートもバッチリ完備してました

 


僕たちは、最初に高校を訪ねました!

そこでは、三つのグループに分かれ授業を行いました

 

自己紹介を交えて談笑中



授業内容は、ひらがな表を使ってひらがなを教えました!


インドネシアの人にとっては、さ行の発音が難しいんだな印象を受けました

 

また、先日行った募金活動で好評だった「あなたの名前を日本語で書きます」


という企画もやり「ぱとりしあ」や「しゅわるつねっがー」などひらがなでは

まず書く機会のない名前を書いてあげたり、教えたりととても賑やかな授業になりました!

 








その他には、「着物」「作務衣」「甚平」などの日本の伝統衣装の着付け教室なども行いました。

同じアジア人だからなのかメチャ似合ってます(笑)

 

 

また、インドネシアの高校生は「食文化」「交通機関」「伝統的な建造物」

の3つのトピックについてプレゼンなどを使いインドネシアの文化についての紹介をしてくれました。

 

 







そして、この訪問で複数の高校生に質問をする機会があり、

そこで僕の留学先での活動目標にあげられていた

「海外の同世代の価値観を探る!」を達成することができました。

 

高校生に対する僕の質問内容は「学校生活で何を最優先事項として生活していますか?」でした。

 

僕の予想では「部活」「友達」「恋人」などなど日本にいる僕の周りの高校生があげるトップ3のうちどれかが聞けるだろうと思っていたのですが

 

この答えに驚くことになるとは思っていませんでした…

 

インドネシアの学生達全員が口を揃えて「勉強よ」と言ったのです。

 

これには、日本の学生との意識の差を感じました。

日本でも勉強に対する意識が高いと思いますが、部活や友達と行ったことの前に勉強を第一に考え毎日を過ごしていると聞き、

新興国のパワーというのはこのようなものから始まるのかなとも感じました。

 

 

その後高校を後にした僕たちは中学校に訪問しました

こちらでは、ひらがな教室に加えては服着付け体験も行いました

そして、最後に手話と声で「世界に一つだけの花」を披露しました。

 

 

また、中学生からはインドネシアの伝統的な歌遊びなども教えてもらい

高校生とはまた違った雰囲気を感じました。

 

 

中学校での授業が終わると高校で交流会を開こう!ということで

高校の入り口の広場で交流会を行うことになりました。

インドネシアの高校生の方々は伝統的な楽器で演奏をしてくださり

僕たち日本人からは「世界に一つだけの花」と結婚式で見つけたインドネシア人のツボである「恋するフォーチュンクッキー」を披露しました

もちろん大盛り上がりインドネシアの高校生が「フーフー」と雄叫びをあげているのを見てまたまたAKBグループの繁殖力にびっくり

 

それはさておき、ことなる国の同世代が1つの場所に集まり国際交流を楽しむのはものすごく大きな力が動いているなと感じました

 

そんなことを思っていたら授業で仲良くなった男の子に話しかけられ

あることを尋ねられました。

 






ここで今日の「マジか、インドネシア。」

その子は僕にこう言いました

Could I have your Facebook?

その時は何の違和感もなく交換をしたのですが、少し経ってから

今の高校生が相手に連絡先を聞く時にはまずLINETwitterが主流で

ましてや、Facebookを聞かれる機会などはほぼないなぁーと感じました。

 

日本の大学生との連絡先の交換でFacebookを聞かれるのには違和感を感じませんが、僕たち高校生世代ではFacebookの知名度が低いため

 

 

インドネシアの高校生が最初に尋ねる連絡先として選ぶのがFacebook

になるほどFacebookの普及率が高いことにマジか、インドネシア。

 

そんなこと思いつつインドネシアの友達が増え益々テンションバリ高でした

 

 

みんなで集合写真も撮りいい経験がまたひとつできました

 

 

明日は七夕を子供達に経験してもらいます!

お楽しみに!

高校生のいまだからこそ出来ることをやりたい!そんな思いがあります。
インドネシアへ3週間留学していました!
行動し続け目の前に流れるチャンスをつかむ

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。