AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 高校生ブロガーびしん@日本さん
  4. インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記《Day 3》
海外インターンブログ

インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記《Day 3》

インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記Day 3》

 

こんにちは!高校生ブロガーのびしんです!

 

今日の「マジか、インドネシア。」

どうやらインドネシアでは日本の曲が頻繁に日本語で歌われている

 

 

 

今日から僕たちボランティア団体は事前に決めた数人のグループで毎日の仕事を「クッキングチーム」「クリーニングチーム」「ウォッシングチーム」と3つに分けて1日ごとにローテーションで担当することになりました!

 

「クッキングチーム」の仕事内容

 →朝・昼・夜の食事を孤児院の職員の方と一緒に作る

  また、お皿に盛り付けて子供達に配る

 

今日は「クッキングチーム」ということで朝4時半に起床し5時から孤児院の職員の方々と朝ごはんを作りました!

子供達と朝ごはんを食べ少しずつインドネシアの食べ物が好きになってきました。

 

その後は、子供達とお昼まで孤児院の中で遊びました。

「おんぶをしてくれ」と両手を僕の肩にかけてくる子もいれば「外の遊具で遊びたい」と右手を引っ張る子もいれば「お部屋で遊びましょう」と左手を引っ張る子もいて1時間くらいで腕がもげそうになりました。

でも、そんな疲れを知らない子供達と遊んでいるうちに気づいたこともありました。



   自然と言葉の違う子供達とコミュニケーションを取っている自分がいるということに。

 


その理由としては、事前に用意していた作戦でもある

「まねっこ大作戦」を使いまくったということが大きいと思います!

とってもダッサい作戦名ですが^^;これが子ども達には効果抜群でした(笑)

 


作戦内容はいたって簡単ひたすら子供達のしゃべるインドネシア語を真似して発音してみること

すると、発音が違うよー言い「リ」と「ゥリ」の違いを何度も繰り返してくれたり

子供達がその言葉の意味を僕に教えようと身振り手振りで伝えようとしてくれました!

すると、だんだんインドネシア語も覚えてきて子ども達の会話もだんだんわかるようになってきました。

 




かれこれ何時間か子供達と遊んでいたら、お昼ご飯の時間になりました

本日はナゲットとウインナーと温野菜でした。このナゲットが本当に美味しい!!

 


その後、こどもたちはお昼寝の時間になるのでその間に洗濯物などをして数時間のフリータイムを過ごしました

 

 

そうしているうちに日も傾いてきて

夕食を食べ終え孤児院はお祈りの時間になりました

 





この孤児院はキリスト教徒のみで構成されているため毎日朝と夜にお祈りの時間が1時間ほど設けられています!

 

お祈りは主に子供達と施設の大人たちで様々な歌を輪になって歌う形です

 



歌はインドネシア語の時もあれば英語の歌詞の時もありました

そして歌が終わると全員で聖書を読み、最後にお父さんからの一言をもらい

お祈りの時間は終了です

 

 

この時ぼくの隣には現地スタッフが居たので、ある質問を投げかけてみました

 

「好きな歌は何?よく歌う歌とかは?」と聞いてみると



彼は「LALALA LAVE SONG!」と答えました。

 

 

まさかと思いどんな歌詞?と聞いたら

「まわれ〜ま〜われメリーゴーランド…」と日本語で歌い始めた彼…



ここで今日の「マジか、インドネシア。」

 

この歌はやはりぼくの知っている

久保田 利伸さんのが歌うあのロンバケの主題歌でした

《全く世代は違いますが個人的にこの歌が好きな高校生です笑》

 

 

驚いてもっと聞いてみると日本の曲結構有名だよ!とこれまたびっくり

どうやらインドネシアでは日本の曲が頻繁に日本語で歌われているようです!

そのほかにも「宇多田ヒカルさん」や「AKB48」などどんどん日本のアーティストさんの名前がインドネシア人の口から出ることに

まじか、インドネシア。

 

  インドネシアでは「JKT48」「ジャカルタ48」が大変有名だそうです!

 

この日はお祈りをした後ボランティア団体でミーティングを行い一日を終えました!

 




今日は孤児院2日目でだいぶ楽しくなってきました!

その理由としては、まずはインドネシア語しか喋れない子供達とコミュニケーションをとる方法を見つけたことが一番大きかったと思います!

 

明日は子供達と市内のプールへ行く予定です!

お楽しみに!!

 

高校生のいまだからこそ出来ることをやりたい!そんな思いがあります。
インドネシアへ3週間留学していました!
行動し続け目の前に流れるチャンスをつかむ

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。