AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 高校生ブロガーびしん@日本さん
  4. インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記《Day 2》
海外インターンブログ

インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記《Day 2》

インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記Day 2

 

 

こんにちは!高校生ブロガーびしんです!

 

今回から「マジかインドネシア」という項目を追加して日記を書いていこうと思います!

 

 

今日の「マジか、インドネシア。」

車がバンバン走る道路を渡る時はゆっくり歩くべし

 

 

 

今日は、IIWCのコーディネーターの方と朝から車でスマランの中心へ向かい

買い物と両替をしに行きました!

 

モールの近くに車を止め町の両替所を歩いて探し回りましたが、その日はラマダン明けということもありすべての両替所がお休みだったため両替は断念(笑)

 

次に、モールへ向かうことにしました!

モールの前の道路は車がバンバン走っており車線などほぼ皆無のインドネシアでは車やバイクが狭い間をかいくぐるように前方車を抜いていきます。

 

そんな中、IIWCの方は道路を渡ろうと歩きはじめました

置いていかれてはいかんと思い走って追いかけたところコーディネーターの方に

NO!NO! Don’t run!」  と言われドキッ

 



ここで今日の「マジか、インドネシア。」

インドネシアでは、横断歩道などがあまりないため道路を渡りたい時は交通量が減ったタイミングを見計らって渡るしかありません

しかし、あまりにも交通量が多い時は走ってくる車を避けながら渡らなければいけません。そこで大切になってくるのが決して走って渡らないこと。

なぜなら、インドネシアの車やバイクのドライバーは歩行者の進む方向を予測し避けて走っているからだそうです

なので、走ってしまうととても危険なんだとか。

 

そもそも、日本では車の走っている道路を渡ることがまずない。なおかつ、横断歩道でない所を歩いて渡るなんて、、、マジかインドネシア

 

 




その後無事にモールへ到着した私たちは、simカードや食料を購入しました

物価の安さに金銭感覚が狂い始めた気がしました(笑)

日本でよく見かけるものも売ってありさすが中心地という気がしました。

 

 


モールを出た後は、昼食を食べに町のレストランへ

自分はエビフライを頼みました!想像以上に美味しそうで感動したのを覚えています!

 

ご飯の隣に置いてあるこのいかにも辛そうなソースが「サンバル」というもので死ぬほど辛いです。危険です。



しかし、現地の方はこれをなんともなく全てご飯にかけパクパク

完全に味覚がいかれてる。

 

でも、ソース以外のエビ・ご飯は日本と変わりなく美味しくかなり満足のいく昼食でした!

 

その後、いよいよここから2週間活動場所となる孤児院へ向かいました!

 

 

車で30分ほどゆられ孤児院の門へ車が止まると門のまえに子供達が集まっていました!

 

中に入ると大広間を子供たちが走り回っていてみんなとても元気な印象を受けました!

 

その後、子供達のまえで自己紹介

「アパカバール? ナマ サヤ ビシン」

「ごきげんいかかが?私はびしんです」

すると、みんな「おー」みたいな反応でしたが、みんな笑顔で歓迎してくれました!

 

その後は、子供達と孤児院の方が作ってくれた夕食を食べて子供達とはさよならをしました。



 

今日から孤児院から50メートルほど離れたところにあるはなれに泊まることになります!

部屋はピンク一色のプリティなお部屋でした^^;

 

 


今日は孤児院の子供達とはほとんど触れ合えませんでしたが、明日からは日本から持ってきた作戦を幾つか使って子供達と触れ合っていきたいと思います!

 

高校生のいまだからこそ出来ることをやりたい!そんな思いがあります。
インドネシアへ3週間留学していました!
行動し続け目の前に流れるチャンスをつかむ

人がいいね!と言っています。
佐藤孝治
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。