AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 高校生ブロガーびしん@日本さん
  4. インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記《Day 1》
海外インターンブログ

インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記《Day 1》

インドネシア〔ジャワ島スマラン〕国際ボランティア日記Day 1》

 


こんにちは!高校生ブロガーびしんです!

 


羽田空港を出発し途中ジャカルタを経由してジャワ島スマランまできました!

合計約7時間のフライトで疲れも多少でました^^;

 

現在はスマラン市内のホテルに宿泊しています

本日は移動が中心となってしまったので、更新内容は海外初で、しかもインドネシアに飛び立った僕の今の心境について書かせていただいきます!

 

 

の心境は…

こんなにも海外は楽しいのか!

というのを強く感じました!その要因としては

驚くことが多すぎました

 気候が予想外だったこと 

 日本では会わないような肌の色の方

 水回り(特にトイレ)のシステムの違い

 

などなど早速異文化に打ちのめされ、「マジか。インドネシア。」

というのが口癖になりました(笑)

 

ではその異文化の中で最も衝撃だったのが、トイレです。

 

 

これは、MANDI(マンディ)といわれるもので僕の宿泊しているホテルもこのシステムでした。

特徴は、便器の横に水をためる場所がありそこに水を貯めてそこから,桶でトイレに水を入れて流すというものです。ちなみにお風呂もこの水を桶ですくい浴びるというものなのですが、水をためるスペースに

決して浸かることはできません。

 

 

でも、実を言うと宿泊先がこのようなシステムだろうとは調べていたので知っていました。

しかし、本当に驚いたのはジャカルタの空港での出来事でした

 

 


では、ジャカルタの空港のトイレはどうだったか

便器のスタイルは同じような感じでしたが、トイレの横に小型シャワーが付いておりそれを日本でいうウォシュレットとして使うスタイルでした。

このスタイルには驚きました

 

 

でも、本当に驚いたのは設備の良いジャカルタ空港でもこのスタイル

だということにおどろきました!

 

 

今回は移動がほとんどだったため活動はできなかったのですが次回から、書いていこうと思います。



また、今回のような、自分の海外に対する「こんな感じだろ」という先入観と、実際の現地の「リアル」のギャップが縮められた出来事にも焦点をあてて書いていこうと思います。

 


中川原 弥晨 Facebook▼

中川原 弥晨

バナーを作成 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

あしたも頑張るぞ!

高校生のいまだからこそ出来ることをやりたい!そんな思いがあります。
インドネシアへ3週間留学していました!
行動し続け目の前に流れるチャンスをつかむ

人がいいね!と言っています。
草野晴菜
りょりょりょ
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
Fuujin63

トビタテ留学 インドネシア地震の件 対応 平成27年7月28日(火)
10:10 外務省の五十嵐様から電話あり。 → 国際理解部の川崎主任教諭が対応。
今朝6時40分頃 インドネシアのパプアでマグニチュード7の地震
生徒の安否を確認してくださいとのこと。 → 校長に報告
10:20 校長が、本校の旅行計画でお世話になっているあっせん団体のNICEのスガノ様に電話。
   安否を確認してください。 → 確認次第連絡します。
   経営企画室に報告。
10:34 中部学校経営支援センター山本支援主事に第1報を電話連絡。
10:37 校長は、川崎主任教諭に指示。 保護者に電話連絡し、生徒から電話が入っていたら状況を教えてもらう。
    こちらで情報が入り次第、知らせます。
10:42 中部学校経営支援センター山本支援主事にメールで報告。
10:52 藤野主任教諭にメール送信。生徒の安否が分かったら連絡してくれ。
11:40 佐藤主幹教諭から報告 天野さん以外の7人とは家庭と連絡がついた。
いまのところ、本人たちとの確認はとれていない。
 一人の家から、藤野先生は引率に言っているのではないかと言われた。
11:57 NICEのスガノさんに電話。まだ連絡が取れていない。個人の連絡先にはメールの既読あり。小平高校の生徒の連絡にも兄が連絡し既読があった。返信はそれぞれなし。
震源地はかなり遠い。
時差が3時間、現在現地は9時。オフィスがまだ空いていない。
連絡が取れ次第、電話をください。
→川崎主任教諭に報告。
13:28 NICEの矢野様から電話あり。 13:35現地スタッフから連絡があり、全ての生徒の安全が確認できた。通常の活動を行っている。 → 川崎主任教諭に報告
13;30 川崎主任教諭が、連絡のついている6人の家庭に電話連絡。→ 校長に報告
13:44 校長がトビタテ留学の五十嵐様に電話で安否の報告。 
13:47 中部学校経営支援センター支援主事に電話で報告
    経営企画室に報告。
13:49 現地からのメールの転送を受け取り。→川崎主任教諭に転送。
13:52 小堀副校長にメール、電話で報告。
以 上

2015/07/29 02:12
Fuujin63

3時過ぎに文科省担当に連絡
4時過ぎに直接通話
文科省のマニュアルに従いの安否確認との事、、ポンペイが噴火して同じヨーロッパ方面だからイギリスに留学している生徒の状況を、、?確認との事、、これも仕事ですね、、
尚、僕もボランティアのボランティアで明日インドネシアに参ります。少しは助けになるかとも思いましたが、、、とにかく熱帯雨林の中なんで情報アクセスネット環境が悪くこの点は不安です。

2015/07/29 02:22
Fuujin63

これは個人的意見ですが、今回の震源地はインドネシアとは言うのは地政学的にはかなり無理があります、、何て書くとインドネシア政府に入国拒否されてしまうかな?と言っても良いぐらい離れてます。政治的にはネシア政府のアンダーコントロールですが、文化人類学的にもPNGが妥当かな?ってぐらい遠いです。

2015/07/29 02:37