AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. どさんこ彩花@KLさん
  4. 都道府県の訪日プロモーション・受入整備について
海外インターンブログ

都道府県の訪日プロモーション・受入整備について

ご覧の皆さんこんにちは。クアラルンプールの旅行会社で8月からインターンシップをしております。

今回の投稿では、マレーシアの旅行会社から日本(主に都道府県のプロモーション活動、観光客受入整備)を見た所感を、自戒の意味を込めて綴ってみたいと思います。


【日本側の二大問題点】

<1>日本人が思う、日本人が良いと感じるものばかりを全面に売出し満足する。現地マレーシア人の生活・食習慣や宗教、マレーシア国内に保有する観光資源などを考慮した上での広報活動になっていない
(例)「うちの温泉の湧出量・源泉数は、日本一なんです!」→イスラム教のマレーシア人は同性同士ですらアウラ(隠すべき場所)を晒さない。故に裸で入るのが一般的な日本の温泉には抵抗があるので、いまいち響かない。

(例)「うちのビーチは美しくて、日本のハワイの呼ばれています!」→ビーチなら国内レダン・ランカウイ・ペナン・コタキナバル等多々あるので、特別感を持たず 強く心惹かれない。日本には日本を求め旅行に行く。

(例)「うちの県には△△万石(強調)ものの〇〇城と〇〇城が一時間以内で移動できる距離にあります!」→△△万石の凄さは日本地理歴史が頭に入っている前提で分かる凄さ。マレーシア人に瞬時に伝えるのは難しい。そして城巡り(城ハシゴ)はマニアにしか受けない(確かに私自身もモスク見学のハシゴはしないなぁ...)


<2>他地域と差別化できる「地域独自の魅力」がどこにあるか、実は当人が明確化できていない。どの都道府県も、同じアピールをする。
(例)「春は〇〇市で桜が見れて、夏は緑に囲まれアクティビティ、秋の紅葉はもちろん、当県は〇〇地域で雪も降るからスキーも出来ます!」→岐阜のときも滋賀の、ときも北海道の時も同じこと聞いたなぁ...(でもマレーシア人は優しいから、内心nothing special to seeと思っていても最後まで聞いてあげる)

(例)どこの県の観光課のHPにも「グリーンツーリズム」のバーナー。じゃあ秋田で体験可能なそれと、宮城県のそれは何が違うんだろう?


【その他の問題点】

・市町村の観光協会のブログ等で発信する地域のタイムリーな&ニッチな情報は全て日本語発信で、マレーシア人は情報までたどり着けない→訪日市場が激戦化する中、どの旅行会社も如何に自社ならではの独自ルートを作れるか必死。FIT、リピーターのお客様にも同じことが言える。超地元発信のものこそ、本当はマレーシア現地へ届いて欲しい。

・カラフルな法被を着てブースにいる日本側参加者から、ハローもセンキューもスマイルもない。ずっと俯きパンフレットと睨めっこしているので、現地人参加者からすると怖くて近寄りにくい。

・ハラル,ベジタリアンフードの問題に真剣に取り組む自治体・宿泊施設・飲食店が少ないように感じてしまう。当事案のみならず、日本側の「郷に入っては郷に従え」精神が見え隠れし、「おもてなし」は日本の価値観の押しつけ範囲内で行われるもののように思えてくる。

・・・・・・・

これらの課題を解決することが、現在のインターンシップ先に短期的に利益をもたらす訳ではありません。勤務時間中は、会社自体の課題解決の為に無い知恵を振り絞り、地道に泥臭いことをやっています。(2016年度のパッケージツアーの旅程を書き続けたり、在マレーシアの日系企業への営業の為リストアップしたり、fb更新したり、翻訳・通訳したり)

しかしながら上記のような日本・マレーシアという大きな視点を忘れずに、これらの問題の解決のために自分自身に何が出来るか考え、少しずつ実践してみたいと考えています。

最後に、最近腑に落ちた一節を引用します。同記事が書かれたのは2013年4月。自分のタイムラグを反省すると同時に、肝に銘じて残りの4ヶ月インターンシップ期間を過ごします。

 「顧客のニーズをつかむというのはわれわれビジネスの世界にいる人間は日常茶飯事的に行っていることではあるが、日本を観光地として売る、アピールするという意味では従来の固定概念の払しょくも含め、まだまだ余地がありそうである。」
http://diamond.jp/articles/-/35367

日本の地方都市にもっと外国人観光客を!観光による地域活性化を!-生まれも育ちも北海道の"the田舎者"が、クアラルンプール旅行会社で働いたら?-

人がいいね!と言っています。
菊地恵理子@AJITORA
AJITORA*古田佳苗
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
AJITORA*古田佳苗

嶋田さん
ブログアップ有難うございます!私自身も考えさせられることが多かったです。
http://i-socialdesign.com(マレーシアと日本について)これとか参考になるかもしれないので一応共有です!
嶋田さんの「自分を変えれば、世界は変わる」精神を大事に、上記の課題解決に向けて地道に嶋田さんらしくやっていきましょう!

2015/11/02 01:48
どさんこ彩花@KL

古田さん
こんにちは!参考ページの共有ありがとうございます。早速いくつか記事を読みましたが、とても勉強になるものが多かったです。本日の就業後に詳しく見てみます。

古田さんのプロ級キャリアコンサルのおかげで、前に進むことが出来ました!本当にありがとうございます。(ラインの方も後で返信します!)引き続き、宜しくお願い致します。

2015/11/02 10:33