AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. どさんこ彩花@KLさん
  4. 第1回「さくっと知りたい!マレーシア観光事情」
海外インターンブログ

第1回「さくっと知りたい!マレーシア観光事情」

第1回:「さくっと知りたい!マレーシア観光事情」


記事をご覧のみなさまはじめまして!

来月よりマレーシア・クアラルンプールの旅行会社でインターンシップをします、

小樽商科大学5年目休学中の彩花です。


北海道の地方都市における過疎化や衰退を年々目の当たりにし、

大学では都市計画ゼミで地域活性化や観光まちづくりについて学んでいます。

また常に異文化や旅に心惹かれ、中学時代から単身でニュージーランド・カナダ・台湾へ飛び込み

様々なバックグラウンドの方と議論する機会を得ました。


そんな私の将来の夢は、

「全国の地方都市に外国人観光客を呼び込み、地域を活性化させること」

これについてはまた、別の機会を設けて(アツく!)お話ししたいと思います。


さて前置きが長くなってしまいましたが、記念すべき第1回は…

「さくっと知りたい!マレーシア観光事情」と題してお届けします。

ランキングを用いながら基本データを紹介し、

訪日マレーシア旅行者の現状を把握することが目的です。


==================================
■訪日外客数2014 (累計1341万3600人)
1位 台湾(282万9800人)
2位 韓国(275万5300人)
3位 中国(240万9200人)
4位 香港(92万5900人)
5位 米国(89万1600人)
6位 タイ(65万7900人)
7位 豪州(30万2700人)
8位 マレーシア(24万9500人)★★★★★


(以下 シンガポール、イギリス、フィリピン、カナダ、
フランス、インドネシア、ドイツ、インド、ロシア)


訪日外客数を国別で比較した場合、マレーシアは第8位。

アジア4市場(中国・台湾・香港・韓国)を除けば、実に4番目にランクインしています。


箱根で仲居をしていた際には、圧倒的にアメリカ・フランス・スペイン等

欧米のお客様が多かったので、マレーシアからこんなにも多く

日本を訪れているというのは意外でした。


訪日マレーシア旅行者数は、2013年7月ビザ免除や格安航空券の急増

(主にエアアジア クアラルンプール-関空・羽田間の増便)が大きな契機になり、

3年間連続で過去最高記録を更新中です。

そういえば地元小樽にも中国人観光客の中に、

ぽつらぽつらとヒジャブを纏った人々を見かけるようになった気がします。


■マレーシア人の訪日動機
1位 自然・景観地観光(68.6%)
2位 食を味わう(62.9%)
3位 歴史・伝統文化体験(61.9%)


■マレーシア人 都道府県別訪問率2014
1位 東京都 55.2%
2位 大阪府 40%
3位 北海道 27%★★★
4位 京都府 25.8%
5位 千葉県 24.4%


都道府県別訪問率を訪日旅行者全体で見た場合、

上位は東京・大阪・京都・神奈川・福岡・千葉です。

マレーシアでの北海道人気の要因は、MATTA(マレーシア旅行協会)フェアーでの

北海道等の個別観光地紹介が功を奏していることや、

自然や食などの訪日動機の条件を満たしていることが挙げられます。


更に北海道内の訪問地を調べたところ、札幌はもちろん

函館、旭川・富良野、支笏湖・知床などと

自然やアウトドアレジャーを楽しめる都市が人気でした。


マレーシアの人口ピラミッドはまだ富士山型で、

旅行者全体を見ても30・40・20代が多いのが特徴。

屋外のアクティビティを思い切り楽しめる若い世代と北海道のコンテンツは、

相性がいいのかもしれません。


訪日マレーシア旅行者にとっては”School Holiday”にあたる

6・12月が旅行のトップシーズンであり、

ほぼ日本国内の旅行需要ピークとずれるため招致しやすいそうです。



■観光の際の問題点
・ハラル認証
・礼拝室の整備
・イスラム教の文化の違い(温泉を体験したいけど、戒律で肌を見せられない等)
・物価
…etc. 詳細は現地に行って綿密に調査し、ブログで報告します!


■参考文献
(1)Inbound Tourism Handbook 訪日外国人旅行客への対応と心得
(2)日本政府観光局(JNTO) HP
(3)国土交通省観光庁HP
(4)10億人交流時代のマレーシア人訪日観光 舛谷鋭
(5) 訪日観光プロモーション効果検証に係るアンケート調査2011年
(6)日本旅行協会(JATA) HP


======================================

本日は以上です!出国まであと1週間。1日1日を大切に、準備を頑張ります。
現地からも(自身の備忘録の意味も込めて)、頻繁に情報発信します。
宜しくお願い致します!


どさんこ彩花@KL


日本の地方都市にもっと外国人観光客を!観光による地域活性化を!-生まれも育ちも北海道の"the田舎者"が、クアラルンプール旅行会社で働いたら?-

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。