AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 221(つつい)@ケニアさん
  4. 【お前ケニアで何食べんの?】~ケニアの食事情について~
海外インターンブログ

【お前ケニアで何食べんの?】~ケニアの食事情について~

「お前さ~ケニアで何食べんの??」


ケニアに留学することに決めたと周りに報告する度にあらゆる人から言われた一言です(笑)
言われる度に私は「とりあえず、人は住んでるからなんとかなる!」と言い返すばかりでした。
今回のこの記事をキッカケについにケニアの食事情について調査していきたいと思います。


◆自己紹介
現在、早稲田大学5年の筒井智之と申します。通称、221(つつい)です。8月中旬からケニアの第3都市のキスムで水ビジネスに関する会社でインターンシップしてきます。その他にも中国に留学行ってたり、トビタテ留学JAPANの3期生だったりします。


◆ケニアの食事
それでは本題に。。。
私の中でケニアで何を食べるのだろうとイメージした時に思い浮かんだのは、

芋、とうもろこし、、、虫?くらいしか思いつきませんでした。

とりあえず、まずは情報収集と思い、大使館のサイトから。

「伝統的なケニアのお食事は、シンプルででんぷん質が多いのが特徴です。お腹をいっぱいにするためのお食事と言えるでしょう。ウガリ(白トウモロコシのケーキ)はケニアを代表する主食です。主食としては他に、じゃがいも、お米があげられます。」
(http://www.kenyarep-jp.com/kenya/culture_j.html)駐日ケニア共和国大使館より引用


自分のイメージ通り、芋、そしてとうもろこし。
お米も食べられるんですね。やった!!!レトルトカレー沢山持っていこうと思います(笑)
そして、ウガリとは??

名前はよく耳にしますが、実際どういうものなのか。

■ウガリ
fdb09bdbe2a0b75c37f89dfd42ba479c.jpg
(http://www.jntkenya.com/adovice/05.html)JNTケニア旅行記より引用、以下説明文も参考


どん!!This is ウガリ。
なんなのだろう。見た目はあまり美味しくなさそう。。。(゜Д゜)ノ
調べると、トウモロコシの粉をお湯でこねて、蒸したもので、お湯の分量でパンみたいな固いものからお粥みたいなものもあるみたいです。

ケニアに着いてまずは、自分に合ったウガリちゃんと運命の出会いをしたいと思います。


■カランガ
a40c08d85d70ce3c4ab2013b1d9d3118.jpg
(http://cafe-polepole.seesaa.net/article/33142113.html)より引用

いわゆるケニアのシチューみたいです。見た感じではミネストローネっぽいですね。
これはおいしそう( ^p^ )
上に書いたウガリと一緒に食べることが多いみたいです。



■ニャマチョマ
36156ea2d4761d462f54b53480c193bc.jpg
(http://meiji-africa.com/2015/06/30/%E3%82%B1%E3%83%8B%E3%82%A2%E6%96%99%E7%90%86%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%82%B5%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%80%8D/)より引用

ついに来ました。肉、肉、肉!!
羊のお肉みたいです。これまた美味しそう。絶対現地で食べる。


■シーフード、海鮮類
fe89073c3cb43211843435a4edb4670b.jpg
(http://www.kenyarep-jp.com/kenya/culture_j.html#)より引用

海岸のほうに行くと、シーフードとかおいしい海鮮類の食事も食べることができるみたいです。モンバサ(ケニアの海岸の都市)行きたい。。。


■モンバサ港
e807d74742668c7b0b8e32e5db128d66.jpg
(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/mail/bn_286.html)より引用

ちなみにこれはモンバサ港の写真です。
ここから国内に物資が運ばれていきます。

全般的に料理はインドの影響を大きく受けているみたいです。
インド人労働者が数多くケニアに来たことからみたいです。



◆まとめ、決意表明

長々と書かせていただきましたが、非常にケニアでの食生活も楽しみになってきました。
最悪、ケニアの食文化に飽きたら、近くでチャイナタウンを探し出し、中華料理に逃げたいと思います(笑)。

今回の留学は2回目の留学となります。1回目は中国(上海)への交換留学、そして今回はインターンシップ。
2留を覚悟して決めた今回の留学。前回の留学より自分の中で意志が強いものになっているなと感じます。

インターンシップでは、
水インフラの構築、現在のビジネスモデル、現地の市場調査を行いキスム、そしてケニア、アフリカで将来水インフラを構築していくためにはどのような形が最適なのかを見つけるきっかけをつかみ、

インターンシップ以外では、
現地の社会人(日本人、現地人問わず)
にどのような形、どのような想いで今、ケニア、そしてアフリカで働いているのかを聞き、自らのキャリア形成へ生かす。
また、今回の留学内で自分の卒論のフィールドワーク調査も行う予定であり、そのフィールドワークをしっかりと行う。その関係で、ウガンダとタンザニアにも行く予定です。
卒論のテーマは「あなたが飲んでいる水は何色ですか?」
である。

大学の専攻が色彩心理学なので、その方面から現地の水環境についてアプローチしていく予定。

とりあえず5ヶ月間、ケニアでやることやってきます。
ウガリが恋しくなるくらいウガリ食べてこようと思います。
とりあえず出国までに日本にあるケニア料理屋に行こうと思いました。


・ケニア行きたい
・アフリカ興味ありあり
・アフリカいます
・アフリカ行ってました
・水ビジネス興味ある
・中国行きたい
・中国興味ある
・トビタテ興味ある
・221に興味ある(笑)

上記に当てはまる方々ぜひぜひご連絡ください(笑)
中国(特に上海)、トビタテに関しては多少は相談に乗れるとは思います。

Twitter:221tobitate
Facebook: 筒井智之


早稲田大学5年
8月中旬よりケニアへ。
トビタテ3期生だったりもします。

人がいいね!と言っています。
和奈
ぜん
神谷政志
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。