AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
海外インターンブログ

喪の日

6月5日に発生したマレーシア ボルネオ島での地震から1ヶ月が経とうとしています。


忘れたころに、体感震度1-2くらいの余震がありますが、特に問題はありません。
週明けの6月8日(月)は、「喪の日」でした。
日本では、あまりなじみのない言葉ですね。

国全体で、亡くなった方の冥福を祈るため会社や学校がお休みになります。
一部では、「悲しみを喜びに変える祝日」という意味があるそうです。

たとえば、マレーシアの代表がオリンピックで金メダルをとったら、
祝日を作り、国全体で喜びます。

マレーシアは、国全体で喜びや悲しみを共有する、
団結した素敵な国だなーと思いました!

大学で、マーケティングを学び、日本の観光産業にはがゆさを感じている大阪人です。日常では気づきにくい日本の魅力を発見・海外へ発信します!

人がいいね!と言っています。
神谷政志
シン
関連する情報
表示する内容がありません
この著者の記事一覧
6件
コメント
草野晴菜

マレーシアってそんな国なんですね…知らなかったです!
外国に行くと自分の常識や、普通だと思ってたことが簡単にひっくり返されて、なんだかおもしろいですよね!

2015/07/03 10:05
中野希咲

私も知りませんでした!
日本の常識は世界の非常識って言葉を
身にしみて感じるこの頃です!!

2015/07/24 14:40