AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. soh maekawaさん
  4. 俺たちの6つの魅惑フィリピン料理
海外インターンブログ

俺たちの6つの魅惑フィリピン料理

どうも!!

本日は熱きフィリピン料理6選を満を持して紹介していきたいと思います。

実はフィリピンはお米が基本の料理なので、
ほとんどの料理がご飯に合う料理となっており、
日本人にとっては嬉しい限りの料理満載であります。

ローカル地域でフィリピン料理をいただく場合、
高確率でお腹を壊してしまうので、
心配な方はモール内のレストラン等で食べることをお勧めいたします。

ただしフィリピンを感じるためにはやはりローカル地域に繰り出し、豪快に食すことは必須です。

お腹を壊したとしても食す価値はあるのでぜひ挑戦してみてください。
フィリピンを感じるには多少の苦労が必要です。

では紹介します。

067181ec1fcc604be4ee405a4bcfa798.jpg

こ、こちらはアドボと申します。
鶏肉、または豚肉を甘辛な味付けで煮込んだものです。
彼はフィリピン料理代表メンバーであり、3番ショートとして、フィリピンで名を馳せています。

私もアドボを見たら無意識に頼んでしまうほどに魅了されているのであります。
フィリピン料理といったらアドボというくらい、かなりの地位に君臨しています。
ただし、野菜は皆無なので毎日食べ続けることはなかななかに困難な料理でもあります。
甘辛な味付けが何人ものリピーターを生み出しております。

 

fd9ee91695c2596f2bbd0f2b9115fb5f.jpg

 

こちらメヌドと申します。
彼もフィリピン料理代表メンバーです。
日本でいうトマトカレーのような、この料理を頼むと、ふた山ライスは必須となります。
見えにくいですがジャガイモ、ニンジンとカレーの素材と同様の素材を使用しています。
見た目と違い、全くもって辛くはないので安心して下さい。
恐らく日本人でこの味が苦手ということはあまりないかと思われます。


9bc0c105aa0bf440c2c64f8dc832b4ca.jpg
 

続いての料理はこちら
ギザトン・アンバラヤです。

こ、これは!!

見た目は日本のゴーヤチャンプルと全く変わりませんが、味も食感も全て一緒です。
もはや、なぜこれを載せたんだと思いでしょうが。

実は!

日本のゴーヤチャンプルと全く一緒です。
しかしフィリピンにて野菜をとることはなかなかに困難なので、
フィリピンでの相棒になること間違いなしです。

 
8245dedab8b6bb6458eeaa3a2b967ff2.jpg
 


こちらギナタアンランカという料理です。
ジャックフルーツを使用しココナッツミルクで合えたものです。
見た目からはあまり食欲がそそられませんが、ココナッツカレーを食べている感じなので、
好きな人はとても気にいる料理になるかと思われます。
これもまた、ご飯がとても合い、味もなかなか濃いのでお酒とも合います。
こちらもフィリピン代表メンバーですが、惜しくも私のスタメンからは外れています。

7d13c05abf2918f5d7a6108feb039793.jpg

フィリピンではバーベキューが有名で、ローカル地域に繰り出すと、
道ばたには、バーベキューの出店がたくさんあります。
なかでも、なかなかに食べるのをためらうものがこちらです。
こちらは鶏の内臓を使用したものであり、味はレバーのような感じで、
私の胃はなかなかにまずいものでも拒否はしないのですが、
未だに慣れない料理の一つです。

もう少し見た目を爽やかにすれば外国人からの人気度があがりそうな、
惜しいと言いたくなる料理です。

 
5aaf1e12dccf1e92dcfae6a7a45fce5f.jpg

最後はフィリピン料理の中でも大国柱のレチョンです
私のイメージでは4 番サードでキャプテンです。
こちらの料理は豚を丸々一頭じっくり時間をかけて焼き上げるので、
とろけるような柔らかさで、ジューシーさが留まっていない究極の豚です。
セブとマニラでスタイルが違うのですが両方のレチョンとも大満足間違いなしの味です。

また焼くのではなく揚げるというスタイルもあります。
ちなみにレチョンは誕生日等、お祝いの際に振舞われる料理なので、高価な料理とされています。

 

どうでしたでしょうか??
基本的に、フィリピン料理はとてもおいしく味付けが濃いので、
ご飯にはもってこいですが、野菜が少なく、毎日食べるのはなかなかに苦行です。

 

しかし! 基本的には日本人には合う料理であることは間違いないので、
安心してフィリピンに来てもらって大丈夫でございます。

では!!

http://goo.gl/9DejCA


http://goo.gl/9DejCA

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
この著者の記事一覧
7件
1f37a1e8c0695e54c1e93eedebb697c9
企画・マーケティング系
経営管理系
営業系
社長直下
デザイナー
フィリピン
Philippines
2015.02.18
067181ec1fcc604be4ee405a4bcfa798
企画・マーケティング系
経営管理系
営業系
社長直下
デザイナー
フィリピン
Philippines
2015.02.18
14713606228_de8b3bdc65-580x387
企画・マーケティング系
営業系
社長直下
フィリピン
Philippines
2015.02.16
Cad5ccca774242a17782da6b49c7e960
企画・マーケティング系
経営管理系
営業系
社長直下
デザイナー
フィリピン
Philippines
2014.12.09
コメント
コメントはまだありません。