AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. むーちょ@カンボジアさん
  4. インタビュー第4弾〜某総合商社社員にインタビュー!〜
海外インターンブログ

インタビュー第4弾〜某総合商社社員にインタビュー!〜

こんにちは〜!

今回は某日系総合商社の駐在事務所に足を運び、インタビューさせていただきました。
個人的にこの業界には興味があって、
駄目もとでの訪問でしたが、快く受け入れてくださりました。

インタビュイーは現地採用のカンボジア人スタッフのSさんです。



・どうして、日系企業に、また商社で働こうとお考えになったのでしょうか。

Sさん:
日本とつながりがあったからです。
私はカンボジアで高校を卒業した後、日本の大学へ進学しました。
大学院も日本の大学で、主にファイナンスの勉強をしていました。
商社に興味を持ったのは、日本の就活イベントに顔を出した際に、スケールの大きさやグローバルに活躍している点に魅了されたからです。
しかし、日本では結局就活をせずに、カンボジアへ戻り、
こちらで就職活動を始めました。
そんな中で、今の会社の現地採用の求人を見つけました。
そもそも私の専攻のファイナンスとはほとんど縁のない業務内容でしたが、
日本への思い入れもあったし、大学時代からこの会社のことはよく知っていたので、
思い切って応募し、無事入社できました。

向井:
なるほど。だからそんなに日本語が流暢なんですね!


簡単にお仕事内容を教えてください。

Sさん:
物流系の仕事をしています。
タイ、ベトナムなどの近隣国との輸出入の代行を主に行っています。
取引先は日本企業が多く、経済特区に工場を置く企業さんを相手に物流業務を請け負っています。
これからASEAN共同体の動きが活発になる点から、商機は間違いなくあると思います。

向井:
商社が持つの中で、物流機能があるとお聞きしましたが、商社自体が例えばトラックや船といったものを持っていつのでしょうか?

Sさん:
いえ、商社自体は持っていません。すべて運ぶのは我々のステークホルダーの会社であり、
我々はお客様のニーズ、例えば納期やコストであったりをお聞きし、
それにあった最適な物流ルートを提案する形になりますね。
商社の持つ情報は実に多様で、いかにお客様にとってベストなものをアレンジするか、が醍醐味ですね。



・商社の業務はクレーム対応がどうしても多くなるとお聞きしますが、実際どうなのでしょう?

Sさん:
多いです。最大限のリスクヘッジはコーポレート部門とのやりとりで行ってはいますが、
どうしても避けられないもの、例えば天候や災害に対してはある程度限界があります。
業務を行う上での困難はこれだと思います。


・Sさんご自身はどういったことをしている時がわくわくしますか?

Sさん:
新規開拓ですね。日本企業はこれからこの若い労働力あふれるカンボジアへの進出を考えているはずです。それらに物流の面で、対応できる万全の体制を整え、どんどんアプローチしていきたいですね。
これから本当に楽しみです。


・現段階でのSさんの夢はなんですか?

Sさん:
君ならここを任せられる。というところまで成長したいです。
カンボジア事務所には基本的に日本人駐在員の方はいないので
私がメインとなって仕事を回していますが、まだまだ私自身若く、力不足であると自覚しています。
より多くのことを吸収し、早く一人前になりたいです。




Sさん、とても勉強になりました^^
ありがとうございました!!




人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
この著者の記事一覧
9件
B912d72d41e58c63df7c545fdfb62cfa_sam
企画・マーケティング系
新規事業
営業系
カンボジア
Cambodia
2015.03.15
B912d72d41e58c63df7c545fdfb62cfa_sam
企画・マーケティング系
新規事業
営業系
カンボジア
Cambodia
2015.03.15
B912d72d41e58c63df7c545fdfb62cfa_sam
企画・マーケティング系
新規事業
営業系
カンボジア
Cambodia
2015.03.08
B912d72d41e58c63df7c545fdfb62cfa_sam
むーちょ@カンボジア
カンボジア
Cambodia
2015.02.25
コメント
コメントはまだありません。