AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
海外インターンブログ

挑戦! ~カンボジア編~

こんにちは先日カンボジアのインターンシップから帰国してやってまいりましたOrです。
今日はその目的とか、どうだったかという、いわゆる感想です。
長ったるいのですが
よろしく

1. インターンシップの目的
・営業の力をつけること。私自身大学では理系ではあるが、将来会社を経営したいのでコミュケーションや人と関わることが必要だと考えたため。
・人脈作り。将来を見据えるとこれより大事な財産はないと思います!
・他の国で働くことによってその国の文化を知る。それに経済面も。
b35a55566db0eb826a411707fd44224b.jpg

2.目的は達成されたか、その要因、などなど
・営業面。主に日本人相手のお客さんに対して営業をしていたが、外国人相手にも営業していたので、少し日本人相手とするときもやり方を変えたりした。名刺交換から商談まで、どれも初めてのことで最初は戸惑いながらも、でも丁寧にやり方も含めて上司の方に教えていただいたので、助かりました。失敗はたくさんしましたが、それもいい経験になりました。失敗はするけど、繰り返さないっていう心構えが大事だと感じたインターン。日本ではなくカンボジアだからなのか、日本人客相手でもわりかしフランクに話しあいができたような気がします。
764a14dc14ba3d18b045b7615b614323.jpg
・人脈作り。会社でのインターン中での人脈はもちろん、週に1日休みをもらっていたので、その日はプノンペン市内を散策していろいろな人と出会ったりしました。中にはカフェでたたずんでいたところ、知らない人に話しかけられ、話してみるとオーストラリアから来ていて、カンボジアの雑誌を書いているという人が。なんでも私にモデルになってほしいとかなんだとかというスカウト。結局短い間だったのでそれは叶わなかったけれど、週に一度はそんな感じの1日を過ごしていました。
a06e2900f022a20e2a97a82b4c599455.jpg
・文化を知ること。さきほど言った休みの日には大学訪問したりして学生と話したり、また職場のカンボジア人と話したりして政治の話や、カンボジアの過去について話を聞いたりしましたね。つらい歴史を経験したカンボジア。だけれど若い人が多いカンボジアでエネルギッシュで明るい夢を持っている人たち。などなどを聞きました。
またそれだけではなく、営業周りで外に出ることが多かったので、そのたびにカンボジアの町の発展度合いや、レストランに行く中で、現地のことをまさに肌で感じてきました。
8967855b39e8ddb98465574de508c85f.jpg

3.インターンでの気付き、学び
思い通りにいかないことが多くて、そういったときに何をするかということを学びましたね。
例えば、営業だけではなくて、日本食の食材を扱っており、在庫管理もしなくてはいけなかく、在庫管理の仕事も任されていました。その際に在庫管理の方法を考え、エクセルを使って在庫管理をすることに決めたのはよかったのですが、実際の数と、ファイルに書いてある数字が全然違う。賞味期限の情報も違うってことになったりして、困りましたね。結局週に1回は在庫を直接数えて確かめたり、賞味期限もわかりやすくするため、賞味期限が近づいてきたらエクセルのファイルのところで色が自動的に変わるようにしてみたり。思いついたこと、思い浮かんだことはなんでも言ってみて、やってみるっていうのを学びましたね。
それと失敗したときに、学んで次回は繰り返さないとか、地味やけれどもそんなことでした。
983c79c2406649498f9067b64817813d.jpg

4.最も楽しかったこと/辛かったこと
やっぱり、自分が考えたことを仕事に活かせて、それがうまいこと機能したときは楽しかったしうれしかったです。また、インターン終了間際に一緒に働いていたカンボジア人スタッフがお別れパーティみたいなのを開いてくれたのはうれしかったですね。川沿いのでっかいいかだっぽいところに座って食事をするという、なんともお洒落なところで、カンボジア料理を満喫しました。
辛かったことは、考えたことがなかなかうまいこといかなくて、時間が予想よりもかかってしまったり、営業に何回も行ってもも、買ってくれる人がいなかったりしたことですね。ただ、何回も訪問したからといって、買ってもらえるとは限らないというのは教訓にはなりました。戦略が必要です。それにもう一つ辛かったこと。カンボジアで一緒に働いた仲間と出会った人たちと別れなければいけなかったのは辛かったです。
2bc75210de166cbb66ca8db8fcdb602b.jpg
11c96a4df4c43f235a498e0a45e83cd3.jpg
a42dcdaa3f75b35f227c896cb6bf2836.jpg
5.これから具体的に実行していくこと、日常をどう変えていくか
とりあえず大学を卒業しすることが目標ですね。だけれども、せっかくインターンをして多くを学んだできたので、将来の働き方について考えさせられました。語学は毎日勉強すること。そして、専門分野に加えて幅広い知識がいるなぁと思ったので、営業や経営について勉強するかもしれません。日常をどう変えていくか。インターンから学んだことといえば、それは早寝早起き、計画性。そして失敗をおそれず考えたことを実行。あるのみですね。

6.これから行く方へ
日本だとしても海外でインターン、留学するにしても、それは君が決めたもの。経験は何物にも代えがたい財産であるのでそれを選びチャレンジすることは間違ってはいないと思います。
得られることは予想していたことと予想外のこと両方あると思うので、世界を広げて、これからの人生を彩りのあるものにしていってください。
f413f86653eaed56a51d8d7fc79bf557.jpg


以上!


*写真はこんなんばかりですが、楽しいこと、辛いこと、もちろん両方ありましたよ。
どう楽しむかですよね。

カンボジアで自転車に乗りつつ悠々と道路を逆走中。人生奔走中。

人がいいね!と言っています。
AJITORA*古田佳苗
草野晴菜
関連する情報
表示する内容がありません
この著者の記事一覧
3件
B35a55566db0eb826a411707fd44224b
営業系
カンボジア
Cambodia
2015.05.06
7237c6a95933d15282ec3d24535f237a_sam
営業系
カンボジア
Cambodia
2015.03.22
7237c6a95933d15282ec3d24535f237a_sam
営業系
カンボジア
Cambodia
2015.03.16
コメント
コメントはまだありません。