AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
海外インターンブログ

台湾の旧正月


おはようございます!Lingmeiです。
昨日の夜、台湾に着きました!!

台湾すっごく暖かくて2月でコートがいらないなんて幸せです♡
早速、台湾名物の魯肉飯とタピオカミルクティーをいただき、すでに台湾を満喫しております(笑)

さて、わたしは台湾に1か月ほど滞在するのですが、その間に大きなイベントがあります。
そう、春節です。旧正月とも呼ばれますね。

台湾は普段は太陽暦を使いますが、お正月や端午の節句など年中行事の場合は旧暦を使用します。
なので、2015年はすでに始まっていますが、台湾の人々はこれからそのお祝いをするというわけです。

今年の春節の予定はこんな感じです。
2月18日(水)除夕(旧暦大晦日)
2月19日(木)初一(春節 / 旧正月)
2月20日(金)初二
2月21日(土)初三
2月23日(月)振り替え休日(初三)

2月22日(日)を含めて6連休ですね(^ω^)

台湾人も旧正月に「年菜」(=おせち料理)を食べます。
台湾のおせち料理にも一つ一つ意味があるものが入っているようです。

例えば、「長年菜」と言われる芥菜料理は長寿、大根は昇進や発展、肉や魚、エビなどの団子は学業の進歩を表します。魚料理は、年年有餘」(餘と魚の中国語の発音が同じで、いわゆる残りが出る、余裕がある、財産が少しずつ貯まるという意味)と言って、全部食べてはいけないそう。

普段はあまり食べないアワビやフカヒレ、カラスミなどの高級食材を使った料理も食卓に並びます。このおせち料理も、時間をかけてゆっくり食べるのがいいとされています。 


今回は食べ物について調べてみましたが、実際体験してみないとわからないことだらけなので、とにかく旧正月を精一杯楽しみたいと思います♡



人がいいね!と言っています。
神谷政志
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。