AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 草野晴菜さん
  4. 「やりたいこと」は原体験から形作られる。~その1~
海外インターンブログ

「やりたいこと」は原体験から形作られる。~その1~

こんにちは。
最近Facebookのプロフィール画像を変更したら、動物園のゴリラだの、悪いことして電気椅子に座らされただのとディスられたAJITORAインターン生、くさはるです。
素敵なお友達がたくさんいます。
※正解はバンジージャンプに行ったときの写真です。

さて、皆さんは今取り組まれている活動を始めたきっかけはありますか?
その活動自体は何となく始めたという方もいるかもしれませんが、その分野や方向性に興味を持ったきっかけは人生の中でどこかにあったのではないのかな、と思います。

私は今、AJITORA・JASCAと人材に関わることを主に取り組んでいる訳ですが、それには実はこんな理由がありました。

ーーーミャンマーでの出来事~え、みんな夢持ってるの!?~

7166913788f12f06226d7f104231d994.jpg
※ミャンマーの中心街にあるシュエダゴン・パゴダというお寺にて。雰囲気◎

生まれて初めての海外、ミャンマー。
当時高校3年生で、夢なんてよく分からなかった草野、衝撃。

ミャンマー人の友達は家庭の事情で働かざるを得ないため、同年代にも関わらず、一社会人として働いています。
それなのに、将来やりたいことや夢をしっかり持っていて、目をきらきらさせながらその話をしてくれる。
毎日暗く過ごしていると思っていた途上国の人たちがこんなにもきらきらしているんだと気付かされた瞬間でした。

その中で、「ファッションデザイナーになりたいんだ!」と話をしてくれた男の子の言葉が、今でも強く心に残っています。

「日本にはたくさんチャンスがあるんだから、頑張って!」

皆さんはこの言葉を言われたらどう思いますか?
私はすごく違和感を持ちました。

生まれた場所・育った環境で何かに挑戦できるチャンスが大幅に違う。
得られる情報も大幅に違う。

揺るぎのないチャンスの格差がある。

それを目の当たりにしました。
当時やりたいことなんて特にない、ふわっとした高校生活を送っていましたが、このとき心から「どうにかしたい」と思ったんです。

自分の中で一本「人材」という判断基準ができたきっかけでした。

今も、誰かがチャンスを掴むサポートがしたい、成長の傍らにいたい、という気持ちは変わっていません。
大きな大きな原体験でした。

この後も、紆余曲折あり、今の夢にたどり着いています。
それについては次回以降のブログでご紹介しようと思います。

今自分は何をしたいのか分からない人や、自分が取り組んでいることに疑問を感じている人
一旦手を止めて、自分の原体験は何か、思い出してみてはいかがでしょうか?
きっとそこに「本当のやりたいこと」のヒントが隠れているでしょうし、
悩んでいたことが解決するかもしれません。

迷ったら、いつでも連絡してください。

▼こちらもチェック!
―――――――――――――――――
休学×海外=?
海外で挑戦したい方、ご相談ください。

夏休みにとことん自分について考え抜くプログラム。
人生について、生き方について、とことん考え抜いてほしい。
(草野も年末年始に参加しました。人生変わった。)
―――――――――――――――――

休学明けの3年生。現在創業3ヶ月のスタートップ企業でインターン中。「人生ネタ作り」がモットー。トビタテ3期でインドとパラグアイに行きました。

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
この著者の記事一覧
19件
コメント
コメントはまだありません。