AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 草野晴菜さん
  4. 内定を蹴ってインドでインターン!生きた情報を伝える為に奮闘する宮内真穂さんへのインタビュー
海外インターンブログ

内定を蹴ってインドでインターン!生きた情報を伝える為に奮闘する宮内真穂さんへのインタビュー

今回お話を伺ったのは私もお世話になった企業「エンリッチ」にて
インターンに取り組んでいる大学4年生で休学中の宮内真穂さん。
彼女は大学4年次に「働く」とはどういうことか?に疑問を持ち、内定を蹴って休学を決意。
復学前の最後の時間にインドでのフリーマガジンの営業に挑戦をしています。

45eda91c96f6ee9c1f0c42ee6175639a.jpg
(左)宮内真穂さん、(右)草野

このままありきたりに就活をして、ありきたりに就職するのが嫌だと思った。

――なぜ休学したのですか?
「働く」とは何か?に疑問を抱き、自分なりの解を見つけるために休学を決意しました。
自分の将来について真剣に向き合い、方向性を考えたかったので。

このまま普通の大学生活を過ごし、ありきたりに就活をして、ありきたりに就職するのがいやだと思ったし、このまま社会にでて働いてもいいのか、内定先に行っていいのか不安になったんです。
働くのが怖かったのかもしれません。

今は、休学して本当によかったと思っています。
休学しなければ、こんなにたくさんの人と出会い、刺激を受け、これほどまでに極限まで追い詰められることはありませんでした。自分の中の悔しい・楽しい・泣きたい・しんどい、という気持ちがものすごくゆさぶられました。
考えることも大事だけど、行動に移すことがとても大事だと気付かされました。

dfc09cba5851bc255fb0500b082648cf.jpg
1分1秒無駄にしない!移動中のオートリキシャの中でも仕事をします。

――いつからインターンをしていますか?
2014年の12月の終わりからです。

――どのようなインターンシップに取り組んでいますか?
シバンスという日本人向けフリーマガジンの広告営業をしています。

――インターンを通してのやりがいはなんですか?
受注が取れたときがとても嬉しくて、やっていてよかったと思います。
また、未来のシバンスを想像して営業をしているときは楽しいです。
この情報がたくさんのお客さんに伝わったら…と考えるとわくわくします。

――インターンを通して大変なこととはなんですか?
自分のできないところを目の当たりにするとき。営業をしていると、自分のできないところが原因で上手くいかないことがある。それを受け入れないと先に進めないため、自分のだめなところを直視して反省して…という過程が大変ですね。

周りを見ること。一人でシバンスを作っているわけではないから。

6cea884c3382731dc166560ec371c14a.jpg
シバンスの社長とインターン生のみなさん

――宮内流、モチベーション管理術とは?
周りを見ること。一人でシバンスを作っているわけではないから。「1人じゃないから」頑張れる、「1人じゃないから」行動できる。みんなも頑張っているんだと思うと自然と足が動きます。
また、今は自分を信頼して契約してくれたクライアントのために、頑張れるという気持ちも大きいです。
あとは自分を信じること。この大変な時にしっかり試行錯誤したら結果に繋がると信じると頑張れます。

――インターンシップのメリットとは?
たくさんありすぎて言い切れないです!笑
最初は、「圧倒的な成長」という文言に「うそやん~」と半ば疑心暗鬼だったんです。ただ、インドに来てインターンに挑戦してみたら「圧倒的な成長」というのは本当だったと実感しました。やってみなければ分からない、頭で分かっているのと実際に経験することは全然違うと思いました。

今まで誰かのためにここまで一生懸命何かをすることはありませんでしたが、「未来のシバンスのために」「一緒に頑張っているインターン生のために」自分はここまで動けるんだなと、自分でも驚いています。そして、「受注」という結果がついてきて「頑張ればできるんだ!」と実感しました。
もう歩きたくない…!と思っているタイミングで受注が取れたときは本当に嬉しいです。
また、自分のだめなところにもきちんと向き合えたのもこのインターンシップのお陰です。
真剣にやればやるほど得る物が大きいです。
デメリットは見つかりません。笑

☆どMで負けず嫌いのかたはぜひエンリッチのインターンシップへどうぞ!笑

途上国に対してイメージが先行していて、本当の情報が伝わっていない。
だからこそ生きた情報を伝えたい。

b7cc7c024d622a2b64ef3bda7552235b.jpg
シバンス、バンガロール版

――シバンスの未来をどうしていきたいですか?
今はイメージが先行していて、実際の情報が伝わってません。だからこそ世界中の、たくさんの人たちに生きた情報を伝えられる雑誌にしていきたいです。日本と他の国の架け橋になれるような雑誌になって欲しいと思っています。
地域に特化した雑誌だからこそ生きた情報が伝えられると思う。もっともっと素敵な場所を紹介していきたいです。

――この経験を通じて、得たことはなんですか?
想像と現実の「働く」ということの違いを実感し、自分だけで働いているわけではないと気付けました。
また、仕事はこんなに面白いんだ、自分が価値を提供することがこんなに楽しいんだと実感できたのもよかったです。これによる出会いはかけがえのないもので、この出会いも仕事の楽しさを気づかせてくれました。
私にとって 仕事をすること=生きていくこと だと思っています。
まだ具体的なこうなりたい!という自分像はありませんが、卒業後に「働きたい」という気持ちがより一層強くなりました。

考えているだけ と 一歩踏み出すのには大きな違いがある。

――未来のインターン生に一言お願いします。
本当にオススメしたいインターンシップです。
迷っている時間がもったいない。人生は一度きりなのだからとにかく動くべきです。
考えているだけなのと、一歩踏み出すのは大きな違いがあります。
まずは行ってることをお勧めします。間違いなく損はしません。

■宮内真穂さんが取り組んでいるインターンシップはこちら!
新たな拠点立ち上げに向けて奮闘している環境の中でのインターンシップに挑戦してみませんか?
>>http://ajitora.jobweb.jp/intern/sm-05184

■ど短期でインターンシップにフルコミットしたい!
そんな方向けに、2週間から参加可能なインターンシップも募集中です。
>>http://ajitora.jobweb.jp/program/sm-06371

休学明けの3年生。現在創業3ヶ月のスタートップ企業でインターン中。「人生ネタ作り」がモットー。トビタテ3期でインドとパラグアイに行きました。

人がいいね!と言っています。
菊地恵理子@AJITORA
関連する情報
この著者の記事一覧
19件
コメント
コメントはまだありません。