AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
海外インターンブログ

ベトナム結婚披露宴2



一通りの流れ

 

会場入口にあるハート形などの装飾された箱に祝儀袋をいれる、色紙のような台紙に署名

(貰った招待状の封筒をそのまま祝儀袋に)

  ↓

日本のように席が決まっているわけではないので知り合いの多いテーブルに座る

  ↓

DVD、ダンサー登場、新郎新婦入場、新郎父挨拶、ビールの一気飲み開始、ケーキ入刀、シャンパンタワー、花火、クラッカー、各卓での写真撮影、お色直し、カラオケ大会(ダンサーやバックバンドつきで華やか)などが行われる

  ↓

食事が一通り出揃い、デザートが出たころには早い人は帰り始める(流れ解散)

 

 

           8df35f3d2c3cc26cbbc8ee96928f1e61.jpg

 

 

また上の写真のように、ベトナムの民族衣装と言ったら“アオザイ”で有名なので私は、新婦さんや女性の列席者は皆アオザイを着ていると思っていましたが、今は日本人が白無垢や色打ち掛けとウエディングドレスを両方着るような感覚でアオザイとウエディングドレスと両方着る人が多く(正確には結婚式ではアオザイを着て披露宴ではドレスが一般的だそう、新郎はどちらもタキシードを着用)、列席者に着物を着てくる人は少ないようにアオザイを着てくる人は少ないという印象を持ちました。

 

 

私は趣味で茶道を習っているため毎週一度は着物を着ていますが、アオザイもとても素敵なのでもし気に入ったアオザイを見つけたら欲しいなと思います^^

 アオザイについてはとても分かりやすい記事を見つけたのでそのURLを添付させて頂きます。

http://brideal.jp/blog/archives/10866

 

東南アジアの披露宴に出席したことがあり詳しい方、また違うと思う点がありましたら教えてください。読んでくださりありがとうございました!!

 

人がいいね!と言っています。
関連する情報
この著者の記事一覧
4件
コメント
コメントはまだありません。