AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
海外インターンブログ

ベトナムの結婚披露宴1

こんにちは。美波です^^

 

 

今回はベトナムの結婚披露宴はどんな感じなのか調べたのでこのことについて書いていこうと思います。

 

なぜかと言うとベトナム人の友達が今年12月に日本人男性との結婚式をホーチミンでするそうで披露宴に招待してくれたこと。

また私は結婚披露宴会場で働いているため(日本でのアルバイトで)ベトナムの結婚式事情にも興味をもったためです。

 

子供の頃に親戚の披露宴に行ったことはありますがその時以来であり友達の披露宴は初めてでしかもベトナム!!

分からないことだらけですがとりあえず今から書いていく基本的な知識をいれて参加しようと思います。

 

 

ベトナムの結婚事情の記事や披露宴に参加したことがある日本の方の記事を色々と読み、私なりに簡潔にまとめてみました。

 

  結婚シーズンは11月からベトナムの旧正月テト(大体2月中旬〜下旬)にかけて(新居を構えてから新年を迎えることが最高の幸せとされているため)

 

  結婚式の日取りは風水、占い師が花嫁の年齢や誕生日などによって導きだすため、平日であってもお構いなく開かれる(そのため招待客は祝い事を優先して有給休暇を使い仕事を休んで参加する)

 

 

  結婚式の段取りは日本同様に式、披露宴に分かれている

 

 

  ご祝儀については相場が10〜100万ドン(約500~5000円)と差があるが、ホーチミンの一般的なご祝儀の金額は30〜50万ドン(約1500~2500円)

 

  服装はちょっとしたカジュアルなパーティーに出るくらいのラフな感じで良い

 

  招待状に書かれている開始時間から早くても30分後頃に会場に向かう

(披露宴に呼ぶことをベトナム人は「ご馳走する」という感覚でいるため、早く行くとお腹が空いていると捉えられ恥ずかしいことだそう)そのため全員揃うのは大体1時間後

 

  東南アジア全般として披露宴は基本的に派手で300人くらい招待客がいる(とにかく沢山人を呼ぶのが良く、大勢の人に祝ってもらうとそれだけ幸せになると考えられているため)

 

  日本の長いスピーチなどのように堅苦しくなく、勝手に各テーブルで食べて飲んで盛り上がる




人がいいね!と言っています。
関連する情報
この著者の記事一覧
4件
コメント
コメントはまだありません。