AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 瀬野尾友美@Jobwebさん
  4. インターンなしに私の大学生活は語れない。【株式会社ネットプロテクションズ】インターン生・森岡さん
海外インターンブログ

インターンなしに私の大学生活は語れない。【株式会社ネットプロテクションズ】インターン生・森岡さん


こんにちは!ジョブウェブ瀬野尾です。
本日もインターン生のインタビューをさせていただくため、

とある企業にお邪魔させていただきました!


エレベーターを上がり、インターン生が働いているという作業場へ。

「こ、ここが作業スペース??お、おしゃれすぎる!」


b256c5e3f0e7f3450d878047fdbcb352.jpg


424052cb4da6ef7bf25c564a726bc3ca.jpg


(カフェのようなおしゃれな空間につい浸ってしまいました。笑)


お話ししてくれたのはこの人

1bcbd46669cbf01dba77682bab578df8.jpg


今回は株式会社ネットプロテクションズで活躍する、森岡さんにインタビューをさせていただきました!


現在、大学3年生の森岡さんは、株式会社ネットプロテクションズにて、営業活動のみならず広告収益の分析を担っています。


まずは、そんな盛岡さんのインターンシップに参加をする前に迫りました。


幼い頃から、何かに打ち込むことに貪欲だった。


幼い頃からとにかく負けず嫌いでした。

自分より知識量のある9つ上の兄に「これなに?どうやるの?」と質問するも

自分で調べてみといわれ

そこから何でも自分で調べる癖がついていました。


そのためか他者が自分より何かを知っていることが悔しい!と思うようになっていきました。

 

そして中学時代、モノがどうやったら売れるのか。ということに関心を持ち始めます。


きっかけは、三菱鉛筆の存在です。

三菱鉛筆に使われているクルトガは良いものなのに韓国では売れていない。

という現状を知ったとき、


『良いものなのに様々な要因で、売れるときと売れないときがあるんだ。もったいないな』


と思うようになっていきました。

 

そこから経済学に興味を持つようになり、4年生大学を目指すも結果は不合格。

そして1年の浪人生活の末、センター試験の結果に自信がもてないまま道を歩いていたとき。


ある塾の広告、ある言葉に目が止まりました。

 

「自分の夢まで自己採点しないでください」

 

この言葉に大きく救われ、広告業界に進みたい。と心に決めました。

 

そこから短期大学進学後、より知識を深めるため編入試験を受け、4年生の大学に進学を決めることができました。

 

1:インターンに挑戦した経緯を教えてください。


自分の持っている経済の知識を、実践的に試したい!

 

興味のある経済学について専門的に学んでいたましたが、徐々に


・自分の持っている経済の知識を、実践的に伝えたい!

・大学時代、打ち込めるものが欲しい!


と強く感じるようになっていきました。

 

そんなとき、「企画・マーケティング」ができるネットプロテクションズ(以下:NP)のインターンの存在を知りました。

NPのサービス内容が気になったというよりも、自分ができる仕事内容に興味をもって面接へ。


働いている人に強い魅力を感じて自分もここにジョインしたいと思いました。

 

そして採用後は、企画、マーケティングのみならず営業や他の様々な業務も経験しています。そこでは、大学での授業では気がつけなかった学びも多かったです。

 

特に感じたことは、売れるものやヒットするものは


「自分がいいと思ったものだけ売ればいいというものではない」


ということ。

 

また、個人プレーではなくチームプレイの大切さです。

 

今いるインターン生は5人。同じサービスでも全員作業内容は違うことをやっています。


そのため毎日のインターン生と世話人の方で行う振り返り会を通じて、互いの動きを知り自分の仕事に活かし、企画の今後面白くなりそうなことをみんなでシェアしています。


b151a207f9bbb7b8001deeb38c6afef2.jpg


(写真:実際にインターン生同士で話し合いをしている様子。笑いが絶えず楽しそうです!この企業の魅力の一つ、お客様に提供するサービスを”提供する側が楽しんで作っていきたい”という姿勢。まさに体現されていますね!)


2:このインターンシップで得られていることはなんですか?


◆ここでインターンをしていなかったら、私の大学生活は空っぽだったかもしれない。

 

得たこととしては、業務面に関していうと営業の知識、Excelの知識、分析の知識などがあります。 
最近、価値観の変化としては「なんとなく」という感情で済まさないようにしようと思うようになりました。 


「なんとなく変わった気がする」 
「なんとなく好き」 


これを「なぜ?」と自分に問いかけるようになっていきました。 


これまでは社員さんとの会話で「何でそう思うの?」と聞かれた時に答えられない自分がいました。 
最初は学ぶことばかり、次は思考することを求められます。 
これはインターンを続けたからこその変化だと思いました。


3:この企業でインターンシップをする面白み、魅力を教えてください。

 

NPの魅力は人である。

 
どんなにやりたい仕事をしていても、周りの環境が最悪だった場合やる気は継続できるでしょうか。 
世の中にはやりたくない仕事をやらなければならない時が必ずあると思います。


その時に相談に乗ってくれるアドバイスをくれる方々が周りにいたら、やりたくない仕事にもやる気が出てくることをこの会社で気がつくことができました。 


また、NPは自分のやりたいことに挑戦させてくれます。


その結果はもちろん自分次第。

自分の不甲斐なさが痛感でき、成長痛を日々感じております。笑

今年度からは自分が就活生となりますが、就活と連動して引き続きインターンも頑張っていきたいです。

f55988215937be1c5e2b7ee593609368.jpg


■■■■■■■■■■■■■
今回インタビューをさせて頂いた森岡さんがインターンシップ
をしている、「ネットプロテクションズ」では、インターン生を募集しています。

東京|2秒に1人が利用するサービスを展開!第二創業期を迎えるベンチャーにて「つぎのアタリマエをつくる」インターンシップ

・企画スキルを伸ばしたい方
・事業の立ち上げに関わりたい方 
・経営に興味がある方
・自身で考えたものを、形にしたい方 
・メディア運営のノウハウを学びたい方
・ライティング・編集に興味がある方 

是非お越しください!
■■■■■■■■■■■■■

 


人がいいね!と言っています。
わかめ@バンコク
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。