AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. さくらんぼさん
  4. 「住むなら東京、お金を稼ぐなら香港!」
海外インターンブログ

「住むなら東京、お金を稼ぐなら香港!」

 

夏休みを利用して一か月香港で国際会計事務所のインターンシップをさせて頂くさくら☆です。

 

「住むなら東京、仕事でお金を稼ぐならやはり香港!」

 

なぜこのように言われているのでしょうか?

 

香港のビジネスとしての魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

 

香港とはどんな国?

 

香港経済は、おもに金融、観光、貿易・物流、専門サービス(法務・会計など)の4つのサービスで支えられています。

 

香港という都市は世界で最も自由な経済体制が維持されている場所として認知されており、多くの富裕層(HNWI)や多国籍企業が拠点を持つ、グローバルな金融センターです。

 

 

どのくらいの企業が香港に進出しているのか?

 

現在7,449社以上の日本企業が、香港に拠点を持ち毎年新たな日本企業が進出しています。

 

日産自動車株式会社、株式会社商船三井、日立マクセル株式会社など、海外事業統括の機能を香港に移転した日本の大企業もあり、他にも様々な分野の日本企業が香港に進出しています。

 

なぜ多くの企業が香港に拠点を置くのか?

 

①低い税率

 

関税が原則ゼロ、低い法人税率で、日本で社会保障費を含めて50%取られていた人(しかも社会保障費が返ってくる見込みは乏しい)にとって、すべて引っくるめて17%程度というのは驚きの安さです。

 

②自由な経済体制

 

米国「ヘンテージ財団」とウォールストリート・ジャーナル紙が世界183の国・地域を対象に行った「経済自由度ランキング」で香港は18年連続世界一となっています。

香港はビジネス・オペレーションに対して行政からの規制やコントロールが極めて少なく、自由な為替管理制度、整備された法システムを有しています。

 

③香港は東南アジアの中心地

 

地図を開いて見ると良く分かるのですが、地理的に見て成長著しい東南アジア地域の中心地であることが分かります。南には中国本土と接し、南シナ海を挟んで、西にはベトナム、タイ、南にはインドネシア、フィリピンなどが位置されており、飛行機を利用すれば、日本を含め、アジアの殆どの主要都市へ4時間以内で到着可能な立地条件が良いです。

 

以上の理由から毎年多くの日本企業の香港への進出が加速しております。

また香港は巨大マーケットの中国本土へのゲートウェイとして位置づけられておりそれもまた魅力の一つです。

 

そんな魅力沢山の世界の金融都市の香港で私は国際ビジネスを肌で感じてきたいと思います。

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。