AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. なお@ベトナム(ハノイ)さん
  4. 海外インターンシップを経験させていただいて・・・
海外インターンブログ

海外インターンシップを経験させていただいて・・・

私は8月28日から9月19日までの26日間インターンシップを

アジトラさんの仲介でさせていただきました。

率直な感想としてはインターンシップを行って本当に良かった!!

 

まず、インターンシップを始める前の私をさらっと自己紹介させていただきます。

私は高校時代も部長をしていたのでその経験を活かしてサークルの会長に立候補して

会長を任せられ、皆をまとめられると思っていましたが

大学生はやはり高校生とは違い自由であり、なおかつサークルとしての位置づけが

微妙であり皆を一つの目標へ導くことに大変、苦労しておりました。

また、一年生二年生の間何も考えずにただ平凡な学生生活を送ってきました。

 

なぜ私が海外でのインターンシップを選んだのかと聞かれれば答えは単純で

 

【普通の人と違う経験をしたかった】

インターンシップでは「報告・連絡・相談」の重要性を教えていただき

以前の私はまだまだこの部分が足りておらずインターンシップを通して

相談の質、報告の仕方、連絡の取り方等を深く教えていただきました。

また、自分自身で考えて動くということも知り、ただただ待っているだけの

指示待ち人間ではなく考えそして行動するということも教えていただきました。

インターンシップの初めのうちは初めて会社という組織に触れ、

右も左も分からずただただ指示待ち人間でした。

しかし、このままでは行けないと思い考え私に出来る仕事を考え動きました。

その結果、充実したインターンシップに出来たのではないかと思います。

また、タイムスケジュールを日々考えるようになりました。

インターンシップ先では仕事が多くいつどのタイミングで仕事をするべきなのかを

考え明日、明後日の少し先の予定まで考える癖がついたと思います。

日本に帰ってきて今何をするべきなのか、この先何を今の間にしておかなければならないのかを

考え実行することを今、心がけております。

一日のタイムスケジュールを昨晩考え、朝に確認をしてそれを実行に移すが

スムーズに予定が進まないときもあるのでそれはその時々で修正をかけて

その場の判断で動くようにしております。

以前の私では考えられないほど、成長した部分でもあるかと思います。

 

海外で働くことも視野に入れていましたが私は海外インターンシップでの経験を通して

日本の企業で就職活動をしていこうと思いました。

理由は私は生まれ育った環境で仕事をしていきたいことと私は海外で仕事をするのではなく

海外の国と繋がりを持った仕事に就きたいと思いました。

海外インターンシップで失ったものも少しありますが、それを犠牲にしてまでも約一カ月間

働かせていただいた経験の方がと思います。

 

私が約一カ月の海外インターンシップで得たものは

・自分で深く考え判断しそれを報告、相談をして動きだす

・タイムスケジュールの管理、今後の予定を決める

・社会は厳しいけれどそれに負けず、常にポジティブな気持ちを忘れない

・遅い仕事は誰でも出来る、丁寧かつ早い仕事をする

・メリット、デメリットの判断をしっかりする

・タイミング、空気を読む

 

以前の私は自信に溢れかえっていましたがインターンシップを通して

自分の実力、考えが分かり、自己嫌悪になった時もありますが

そのままではいけないと思い、少しでも成長できるように毎日が私の中では戦争で

日々、成長できたと日本に帰ってきて改めて実感をしております。

約一カ月インターンシップをさせていただいた

【TNK&APTtravel社様】

海外会社との仲介、紹介をしていただけました

【ジョブエブ社様】

本当に感謝の思いでいっぱいでございます。

事前研修や事後報告等をしっかりとしていただき

就職活動の前にとても貴重な経験をさせていただきましたことに感謝致します。

 

これからは就職活動に向けてインターンシップでの経験を活かし頑張っていきます。

最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。

 

これからインターンを考えている方等、参考になるか分かりませんがぜひ一度読んでみてください。

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。