AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
海外インターンブログ

前例がない?So what??

はじめまして、自治医科大学大学院のKimiと申します。

私は9月から約1ヶ月間、マレーシアのクアラルンプールでインターンに参加させていただく予定です。

 

この投稿では、私がなぜ海外でのインターンに参加するのか、私が何を考えているのかなどをお伝えできればと思っております。

 


■自己紹介

私が自治医科大学の学生だと聞いて、なんで医者の卵がインターンなんかに参加するんだ???と思われるかもしれません。


ですが!!

 

私は大学院生であって医学部生ではないので、医者にはならないというより、なれません。

私のように、医者ではない人達で、農学部や理学部出身の先生方が多くいらっしゃいます。

 

色々なところで同じ事を何十回も聞かれるので声を大にして言っておきます。笑

 

つまり私は、簡単に言うと研究をしてる人間という事です。

そうです、世間を賑わせたあの方のことは、前から知っていました。詳しくは言いませんが。

 

 

·      
■ではなぜそんな研究者の卵が海外でのインターンに参加するのか?

単純な話です。英語が喋れるようになりたいからです。研究室には外国籍の方もいらっしゃるので、意思疎通を図るコミュニケーションツールとしても、英語を喋れるようになりたいからです。

 

 

 

すみません。嘘つきました。

 


 

嘘は言い過ぎかもしれませんね。

ですがこれだと、英語さえ喋れれば意思疎通を図る事ができるかのように聞こえます。

 

実際はそんなことありませんよね。

日本で、日本人と、日本語を喋っていてもお互いがわかり合うというのはとても難しい。

 

考え方や方針が同じでも、違う人間であれば好みは違います。

それに何より立場が違うと、同じ景色も見え方が違うらしいです。

 

私は研究を進める中で、なぜこの人はそんなことをわざわざ言うのかを考えつつ、現場レベルでの意見を取り入れてもらえるように準備し、意見を申し上げるようにしてきました。

 

私は海外でのインターンを通じて、考え方の違う人達の中で、何が出来、何をすべきかを嗅ぎ分けるスキルを磨きたい。そして、その場しのぎのアクションではなく、組織が進むべき方向のためなら何でもする、そういった自己犠牲の精神を養いたい。もちろんそれが正しい事を証明すべきだと思っています。



   最後に

生意気なことを言いましたが、正直言って私の英語力はとんでもなく低いです。

なので、渡航までしっかりと準備します。


追記.  尖ったことを書こうと思ったのに、ありきたりなつまらないものになってしまって申し訳ないです。反省。

 


 Kimi@マレーシア(クアラルンプール)

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
この著者の記事一覧
2件
A48364a9e8d77ca2997559f3cc5803b7_sam
企画・マーケティング系
マレーシア
Malaysia
2014.08.01
A48364a9e8d77ca2997559f3cc5803b7_sam
Kimi@マレーシア(KL)
企画・マーケティング系
マレーシア
Malaysia
2014.08.01
コメント
コメントはまだありません。