AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
海外インターンブログ

日本人としての価値は何か?

本当にお久しぶりです。

たけです。

AJITRAブロガーのみなさんと先日スカイプでお話をし、もっと自分の思っていることをブログで発信しなければと思い久しぶりにブログを書いています。

今回はインターンに来る前から考えていたことの一つの疑問に自分なりの結論が出たのでブログに書かせてもらおうと思います。

僕は大学3年生の時に、休学をせずに就職活動をするかどうか考えたことがありました。その時に、
海外で仕事をする際に、日本語を話せる以外で自分が日本人として海外で働く時に、なにか特別な価値があるのではないかと思っていました。
なぜなら、僕の周りの先輩たち(文系であっても)は、就職活動で何個も内定をもらっていたからです。
僕自身も学生団体で3年間活動し、海外の学生とも一緒に色々な事をやってきました。

しかし、4か月海外でインターンをして分かったことは、僕は今世界の市場の中では、
『日本語を喋ることができる以外の価値が無い』
ということでした。
働いてみれば、当たり前のことでした。
仕事をしたことが無い人間がいくら日本人の得意な、
時間厳守の行動、
勤勉に働く
ことをしても、優秀な仕事のできる人に、普通にかなうはずがありません。

これからもっともっと世界がグローバルになり、人の流動性が高くなっていく。
そして今はまだ国が発展途上にあるために埋もれている素晴らしく優秀な人材が世界で働くことができるようなる。その時に、
今のままでは、僕に
『日本語を喋ることができる以外の価値が無い』

さらに、もし自分の顧客が日本人以外になれば、『日本語を喋ることができる』ことすらも価値を持たなくなる。
まさに、『英語もできないノースキル文系学生』は英語が話せ仕事ができる人材に仕事を奪われてしまいます。

しかし僕が感じたのは、僕が『日本語を喋ることができる以外の価値が無い』ということだけではありませんでした。
世界に出てきて、日本人で生まれたことの『大きな価値』にも気づくことができました。
それは日本の先人達の努力によって、
日本が世界で有数の経済大国で、
世界から尊敬され、信頼され
パスポートでどこの国にも自由に行ける国であるという生まれながらにして、世界から信頼されているということです。

もし私が海外で働くことができない経済力で、世界から信頼されていないパスポートを持っていたとしたら、こんなに早い段階で世界に出て自分の世界での市場価値を知る由も無かったと思います。
23歳にして自分の世界での市場価値に気づく機会を得ることができた。このことに意味があり、価値があるのではないかと思います。

まだまだ未熟だけれども、僕はこれから世界の市場で価値のある人間になりたい。
そして世界の市場に価値を生める人間になりたい。

自分の世界での市場価値の向上だけを考えて、目の前の仕事を、残り1か月頑張りたいと思います。
たけ

人材/IT/アジアを軸に就職活動をしようと考えています。
よろしくお願い致します。

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
この著者の記事一覧
10件
D5cdf169ca6785f2d0caf1659b1b7d7d_sam
たけ@ベトナム(ハノイ)
ベトナム
Vietnam
2013.10.22
D5cdf169ca6785f2d0caf1659b1b7d7d_sam
たけ@ベトナム(ハノイ)
ベトナム
Vietnam
2013.09.18
D5cdf169ca6785f2d0caf1659b1b7d7d_sam
たけ@ベトナム(ハノイ)
2013.08.16
D5cdf169ca6785f2d0caf1659b1b7d7d_sam
2013.08.05
コメント
コメントはまだありません。