AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 菊地恵理子@AJITORAさん
  4. ”日本での学生”という井の蛙状態からの脱出。ベトナムで9ヶ月間インターンを経験した船倉開智さん
海外インターンブログ

”日本での学生”という井の蛙状態からの脱出。ベトナムで9ヶ月間インターンを経験した船倉開智さん


船倉くんは、大阪市立大学の3年生。高校時代はラグビー、大学では大学祭の実行委員に所属する等、イベント企画に熱中していたようです。就職活動の前に、1年間休学を決意し、現在ベトナムホーチミンでインターンシップ9ヶ月目を迎えています。

経済学部出身の為、建設の知識は一切なかった船倉くんでしたが、知識0の壁を乗り越え、現地で活躍中、そして「このインターンめちゃくちゃおすすめですよ!!!」とごり押しの船倉くんに、

・なぜ休学してまで、海外インターンに挑戦しようと思ったのか。
・今、ベトナムでどのようなインターンシップを行っているのか。
・海外インターンシップを通して得たこと、気付き・学びとは何か。
・これから海外インターンシップをしよう!と思っている方へのメッセージ

についてお伺いしました。是非一読ください。

◆自分が異国の地でどこまでやれるのか、チャレンジしてみたかった

d8041ab52ebf806d0a7fdcc5fad13937.jpg

休学して海外インターンに挑戦しようと思ったのは,単純に好奇心による動機が一番大きいです。現在急発展中のベトナムでビジネスを体感できるということにワクワク感を強く感じ、この決断をしました。また、自分が異国の地でどこまでやれるのか、チャレンジしてみたかったという思いもありました。




インターンシップ先では、日本人とベトナム人が一緒に協力をして、様々な建築関係の仕事をしています。私は主に、日本人社員の方の補助として、お客様の対応や、補修工事を担当しています。その後、オフィス内装の案件をプロジェクトリーダーとして担当させてもらい、その際は工期の管理や、見積書作成、現場管理など専門的なことも行いました。この経験は非常に貴重なものになりました。


国も違い言語も違えば、文化、価値観も違う。“日本での学生”という井の蛙状態であることに気付く。


6d68f3087e2995122235bb58c39e5c8d.jpg


インターンシップ中、最も苦労した点はベトナム人との文化、価値観の違いです。お客様は9割方日系企業です。品質やサービスは日本と同程度のものが求められます。当社は実際の業務を行うのはベトナム人が多いので、私たち日本人は正確に情報を共有し、意識の擦り合わせをしなければなりません。


なぜ当たり前のことができないのか。


そのギャップに初めは悩み、自分勝手にただ不満を漏らす日もありました。しかしそれはベトナム人にとっても同じであり、国も違い言語も違えば、文化、価値観も違う。その事を意識しながらスタッフに対して謙虚な気持ちを持って接するようになってから、当初感じたギャップは小さくなり、業務をうまくコントロールする事ができました。


インターンシップで得たこと・気付いたこととしては、”謙虚な気持ち”が大切だということです。僕はとても自信満々な学生で、恥ずかしながら、単純に自分なら何でも出来ると思っていました。


ですが、海外でビジネスに携わる中で、様々な壁を目の当たりにし、その壁は、謙虚さを持ってしか上れない事を感じました。学生という井の中の蛙だった、もっと謙虚に、でもしっかりと上がって行かなければいけない、そう思いました。この気づきが、インターンシップの期間の一番の財産です。


◆これから海外インターンシップに挑戦する方へのメッセージ


d6b3438531af1474d17210e277af7865.jpg


とにかく言えるのは「海外インターンシップを考えているならチャレンジして欲しい!!」という事です。まだ学生の僕が言うのも変ですが、皆さんが海外で感じるであろう思い、経験するであろう苦労は、決して日本国内では得られません。


僕自身、大学での三年間とインターンシップの9ヶ月では後者のほうが断然様々な気づきがありました。大学を1年休学したことについての後悔は、何らありません。


当然、皆さん感じること、気づく点は違うと思いますが、それは日本の大学生活では感じることの出来ない貴重な財産です。その事を信じて、僕は自分の経験から、海外インターンシップをお勧します。


今回インタビューをさせて頂いた船倉くんが挑戦中のインターンシップはこちら!

ベトナム|大型施設の設計施工やオフィスや店舗のインテリアデザイン、内装工事を手掛ける総合建築会社でのインターンシップ


▼その他AJITORA菊地恵理子のブログ一覧はこちら

AJITORA Founder。海外留学、海外インターンシップ、海外バックパッカー経験を糧に駆け抜け中!

人がいいね!と言っています。
わかめ@バンコク
AJITORA*古田佳苗
関連する情報
この著者の記事一覧
10件
コメント
コメントはまだありません。