AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 菊地恵理子@AJITORAさん
  4. 海外インターンシップのAJITORAを立ち上げて本当に良かったと思うこと
海外インターンブログ

海外インターンシップのAJITORAを立ち上げて本当に良かったと思うこと

最近話題の海外インターンシップですが、AJITORA(アジトラ)では、世界22カ国140件程の海外ビジネスインターンシップをお届けし、過去400名程の方を海外に送り出してきました。


”海外で働く”という事を自ら経験し、突き抜けた経験を通して顔つきがどんどん変わってくる彼らの様子を見ていると、改めて海外インターンシップをやって良かったな、と日々感じています。

世界で奮闘するインターン生と共に、私たちの想いも日に日に強くなっているので、
・私たちがAJITORAをやっている理由
・海外インターンシップとは何なのか
・海外インターンシップを通して得られる事
等、私たちが感じる思いをこれから少しずつ発信をしていこうと思います。

このブログが皆さんの【Think⇒Action】に変換する人生のきっかけになれば嬉しい限りです。

1)私たちがAJITORAを運営している理由。
c556303e4aed0b1c13bb7d913696d4e8.jpg
(AJITORAなので、虎と写真撮ってきました(笑))

AJITORAは2013年7月頃に立ち上げたのですが、立ち上げた背景としては、自分自身の大学時代の海外留学や海外インターン、バックパッカー経験、そして社会人1年目に携わった企業の採用支援と学生の就活支援など、社会や自分自身に対する疑問や想いが強くなってきたからというのがあります。

これに関しては想いがこもりすぎて長くなるので、また次の機会にするとして
中国留学、海外インターン、バックパッカーで知った、視野を広げることの楽しさ/参加費用や情報格差のハードル/企業の求めるレベルと学生の想いのギャップ/場所や時期に囚われない就職活動等、本当思うことがたくさんあるのです。)

今回は日々世界で奮闘しながらも頑張っているインターン生たち、そしてやりきって帰国している方々を見守っている中で、「あ、本当にAJITORAをやって良かった、これからもっともっと良くしていきたい。皆が羽ばたける場所をつくっていきたい」と強く思う毎日なので、なぜこれを思うかを綴ることにします。(今のAJITORAは未来が楽しすぎて今が楽しいっていう状態です。これを感じて頂けることがゴール!)

2)その前に”海外インターンシップ”とは?
c3cacbd5a5bbf58e18acc693f0753c2d.jpg
(カンボジアインターン中、現地スタッフとのやり取りをしながら作業中)

”海外インターンシップ”が如何に良いか、を説明する前に、そもそも”海外インターンシップ”が何かということを説明します。

”インターンシップ”というと日本では、就職活動・採用の為の1day〜1週間等の短期のサマーインターンシップをイメージしがちですが、海外インターンシップは、海外の企業(現地企業、日系企業、外資企業等)で長期間実践経験を積む事をさします。

こういうことを言うと少し誤解が生まれるかもしれないですが、日本の短期のインターンシップは、企業がより早期に母集団形成をする為にインターンシップという形式でやっているので、グループワークや座談会、会社見学など、表面的なところしか見れず、実際にビジネスを経験した、とまでは言えないと思っています。(例えばシンガポール人に日本のインターンの現状を伝えると、それはインターンって言わないよ!!って驚いていらっしゃいます。)

AJITORAでは、短期のニーズに応えるためにも最短2週間からの海外インターンを掲載していますが、最長1年間まで、なるべく長期のインターンシップに行くようにおすすめしています。海外に行くと環境の変化や言葉の壁、そして新しい事に挑戦するということもあり、短期だと成果を残せる可能性が少ないからです。

海外に行って働くということが目的ではなく、なるべく長期間行って、自ら実践をして、必ず実績を残してきてほしい。海外というアウェイな環境下で、成功体験を積む、これを自ら経験してほしいと思っています。

3)海外インターンシップの5つのメリット
6f223f983346bf76becff9758344408e.jpg
(写真は、日経ビジネスに掲載頂いたAJITORAインドインターン生の記事)

海外インターンシップのメリットをあげるとたくさんあるのですが、その中でもこれは特に!と思うものを5つ出しました。ここに関しても一つ一つ思うところがあるので、詳しくは海外インターンシップの5つのメリットをご覧ください。(また今度書きます。)

【1】成長しているマーケットに飛び込み、国際企業の魅力や競争力を現場で体験する。

【2】グローバル・スタンダードを知る。価値観の異なる人々と働く事によって視野を広げる。


【3】異国の同世代との出会い、各国で活躍する日本人との出会い、海外ネットワークを形成する。


【4】自分の力を試す。スキルやマインドを高める。


【5】「海外で働く」とはどういうことか、リアルを知り、想像と現実のギャップを埋める。



4)人の可能性は無限大。ちょっとした選択で人生は大きく変わる

8c3b6ff1cb34e074b08185151a043183.jpg

(各国でインターン生や留学生、駐在員や起業家が集結するAJITORA祭を開催。)


なぜ私たちが海外インターンをやって良かったかと言うと、それはインターン経験者の顔つきや話す言葉の一つ一つから感じる事が出来ます。


私たちはよくLINEやFacebook等でインターン中の方々とやり取りをしたり、彼らの日報や実際に現地でお会いして直近の様子をお聞きするのですが、返ってくる言葉や彼らの行動ぶりにいつも驚かされます。



ーー例えば、日報でインターン生がインターン生に対して投稿したコメント


●インドでインターン中の方から

「気持ちをコントロールするのではなく、気持ちに左右されない行動力をつけよう!

行動し続けているとそもそも浮き沈みしている暇はないはずです。」


「受注を取ることを目的にせず、全ての行動はクライアントの為にあることを忘れずに!」


「いい意味で厚かましくなろう!ただ、●●に足りないものは行動に変えるということ。言われたことを日報に書くだけでは何の成果にもならない。言われた瞬間即行動に移す、それは明日以降の●●の為になります。今日何を言われたのかもう一度考え直し、具体的にどういうアクションに落とし込むのか考えてください。さあ、即行動。」


「突き抜けた経験が、絶対的な自信になります。」


ーー例えば、ある日LINEで届いたメッセージ


●カンボジアの総合商社の建設事業でインターン中の方から

「菊地さん!!!105万の案件とりました^^いろんな人に助けてもらいました笑

工事の建設案件で、JICAが絡んでいたので、やりがいありました。明後日から施行開始で、プロジェクトマネージャーです。障碍者が働く向上でバリアフリーにこだわっていたので、そういうとこめちゃくちゃ考えましたね。」  そして後日、「あ、20万の案件もとれました!」


●マレーシアでインバウンド・アウトバウンドを展開する旅行会社でインターン中の方から

「インバウンドの業務を手伝いながらマレーシアのことや旅行業界の裏側を学びつつ、メインのアウトバウンドではどんどんツアーを作っています。と言ってもツアーを一を作るのに膨大なエネルギーを使いますね。自分の旅行の時とは違って責任のあるものを作って(それだけ調べてなければいけない)、お金をもらうのは大変ですね。インバウンドの業務では最近サファリパークを日本の旅行会社に宣伝する為のレポートを作って、実際にツアーに組み込んで頂く事になりました。このサファリパークにとっては初めての対日本ビジネスです。決めてくれた時はよっしゃと思いましたね。」


●ベトナムで急成長する会社でインターン中の方から

「世界に通用する人間にはもちろんまだなれていません。20歳、それに向けての過程の段階です。アジアで通用する人間かもわかりません。ただ私は今、つらいことも落ち込むこともたくさんありますが、自信をもって笑顔で働いています。」


ーー例えば、ある日Facebookで、友人を紹介してくれるメッセージ

●マレーシアインターン経験者の方から

お願いがありまして、菊地さんに会わせてあげたいなって思う子がゼミの後輩で2人いるんです!

とっても大切な後輩なので、少しでも良い経験をしてもらいたいって思ったら、菊地さんしかいないだろってなりました。


●インドインターン経験者の方から

来年休学予定の方がいるんですが、来期の休学に向けて休学を経験された方にお会いしたり、英語学習に取りくんでおられるそうです。休学中にどんな事をやるかは決めていないみたいなので、その辺り菊さんアドバイスを頂ければ有り難いです。



こういう日々のやり取りや、帰国した時の顔つきの変化(自信があって、凛としている)、責任感、そして実際にやりとげてくるその行動ぶり、そして、インターン生の成長と共に拡大していく企業。


私たちはこういう素晴らしい方々に囲まれてこのAJITORAを運営しています。

まだまだ至らない点も多いのですが、少しでも彼らの為に、そしてまた新たに羽ばたく方々の為に

「機会の提供」と「成長の促進」の場を創り上げていければと思っています。


以上、最近私が感じる、「海外インターンシップのAJITORAを立ち上げて本当に良かったと思うこと」でした。


未来が楽しみで今が楽しい、世界各地で様々な国籍の方が活躍し、その報告がどんどんきている

そういう状況を楽しみにしつつ、引き続き頑張ります^^


気軽に相談♪海外インターンシップオンライン説明会はこちら

◆世界22カ国、140件の海外特別オファーはこちら



AJITORA Founder。海外留学、海外インターンシップ、海外バックパッカー経験を糧に駆け抜け中!

人がいいね!と言っています。
AJITORA*古田佳苗
ともや1384
高校生ブロガーびしん@日本
ゴジラ
草野晴菜
佐藤孝治
おおちゃん
関連する情報
表示する内容がありません
この著者の記事一覧
10件
コメント
ゴジラ

最高。

2015/06/10 13:39
菊地恵理子@AJITORA

ありがとう!皆がいるから私たちがいます!
ゴジラいつも有り難う!

2015/06/10 13:43