AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 菊地恵理子@AJITORAさん
  4. 「このままでは駄目だ」就活を辞め、卒業後1年間の海外インターンを決意。インドで新拠点起ち上げ中
海外インターンブログ

「このままでは駄目だ」就活を辞め、卒業後1年間の海外インターンを決意。インドで新拠点起ち上げ中

就職活動を辞め、大学を卒業し1年間の海外インターンシップを決意。急成長するインドにて、フリーペーパーの新拠点の起ち上げ、営業、編集をしている”まさ”に

・学生時代の経験について
・大学を卒業して海外インターンシップをしている経緯
・インドでインターンシップをする日々の奮闘について

インド爆速成長プログラムのメンバーと共にお話をお伺いしてきました。

◆初めての海外経験は中学2年生のイラン。海外は違いがあって面白い。
49706aa219f75c271edc84781a540f8b.jpg
熊本出身、中2から3年間イラン育ち。
初めての海外経験は、親の仕事の都合でイランへ。

イスラム教の国で文化も食事も言葉も全く違う環境で
最初はストレスもたまり、外に出たくないという日々もありましたが、
スポーツや周りの方々との関わりを通じ
「違いがあって面白い」という感覚が芽生えてきました。、

学生時代はサークルの幹部やバイトに追われている毎日を送っていました。
特に印象深いのが、ヒッチハイクでの成功体験。

いろんな出会いがあったヒッチハイク、
ダンボールにいろいろ書いていると、皆興味をもって聞いてくれる。
ある自治体の慰安旅行のシャトルバスに乗せてもらったり、経営者の方、昔ヒッチハイクやってた方等、いろんな出会いがあった。

やれば出来る。実際に行動して熊本まで帰れたことで自信がついた。

自分でこんなことを出来るとは思ってもなく、
たくさんの人に感謝して、成功体験がつめたことが大きなターニングポイント。

モットーは

”love the life you live, Live the life you love”
(自分の人生を愛して、自分の愛する人生を歩め。)

ボブマーリンのことば。

まだまだこれを実現出来てないですが、このモットーを実現出来るよう、
日々頑張っています。

◆「このままでは駄目だ。」という思いから始まった海外インターンシップ。
d98c38cc75df07cce7d7796b5b09b462.jpg
なんとなく過ごした大学4年間、目的のはっきりしない就職活動。

もちろん結果は出ず、挫折をしました。

いくつか選考を受ける中で、自分の考えがまだ足りないという想いがあり、
長期的に考えた上で、次のステップにいかないと、
仮に内定をもらったとしてもうまくいかない。

それであれば、卒業後すぐに就職という選択肢を捨てよう、
旅をしようか、何をしようか考えていた時に、友達から海外インターンシップを知りました。

仕事をするイメージが具体的に湧かなかったので、もっとキャリアを考えた上で挑戦しようと思い、AJITORA(アジトラ)で海外インターンシップに応募。

菊地さんとLINEで話をして、自分に最も合うインターンシップを選択し、
選考を受けましたが、就活同様、

他の選択肢もあったけど、違うものにアプライしたら、また今迄と一緒だと思い、
同じところにもう一回攻めようと決意。

どうアプローチをしていこうと考えていた時に、
自分が行きたいインターン先の社長が運営するインドの年末年始インド合宿に参加を決定。

話して駄目なら、直接会って話してみよう。
もう一度考えてください、とお願いをしてみよう。

行動力が認められ、見事採用をゲット。

卒業後の4月から行こうと思っていたが、「今すぐ行けばいいじゃん」という
駐在員の方の言葉をきっかけに、卒業前の2月から渡航を決意しました。

◆インドと日本を繋ぐ、フリーペーパー「シバンス」

3829a68b5238d07b228357d9c4ee176a.jpg
現在は、インドバンガロール発の日本語フリーペーパーである「シバンス」の営業
制作、拠点起ち上げを行っています。

フリーペーパーは、インドと日本を繋ぐ仕事。

バンガロールでは既に認知度も高まっていますが、
チェンナイという新しい土地で、新しくネットワークを作りフリーペーパーを既に2刊発行。

約45度いう猛暑の中、全く知らない土地で必死に駆けずり回り、
発行する度にページ数が増えていく事に対して非常にやりがいを感じています。

この仕事の魅力は
自分の与えられる価値をわかりやすく感じられること。

この企業やお店を日本人に知らせたら、このお店がどう発展するのか、
その土地にいる日本人に新たな選択肢を知らせ、生活をより充実してもらうこと。

「シバンスいつも読んでます。助かってます!」
という言葉に心からの嬉しさを感じています。

◆仕事に対するイメージが変わったインドでのインターンシップ
bbdba6e5f583189b32b304302b698470.jpg

・仕事に対するイメージが変わった
仕事とは華やかなところもあるが、地道なことの積み重ねである。

今日やったことの上に明日がある。
それをやり続けないと成果は出ない。

・自分に出来ること、出来ないことがより明確に。
新しい土地で、自分1人でやり遂げた事により自信がついた。

何もわかってないまま社会人をやってたと思うとぞっとします。
今出来ている経験は、自分が覚悟した結果。

まず行動してから判断をする。でないと次の事が出来ない。


◆”インドでインターンシップ”という選択を選んだ勇者たちに、なぜ海外インターンシップを決意したのか?を聞きました。

63c67cf53f1cdb383086fb81459c7bee.jpg

まさと同じインターン先でインターンシップ生として活躍する3名(左から奈良くん、幕内くん、眞鍋くん)にお話をお聞きしました。

・やりたいことがあっても出来る事がなければ出来ない。
・行動するだけでなくて、成果を出さないと意味がない。
・環境に頼るだけではなく、主体性をもって成果を出さないといけない。
・英語というツールをつかってインドという過酷な環境で挑戦したい。
・営業というのは信頼を得ること、これをインドで築いていきたい。
・どういう想いをのせて営業をするのか
・人より先んじて行動していたい
・自分が一度も経験したことがないようなところに身をおき、原点に立ち返りたい。

・まずは怖がらずに実践してみること。

■■■■■■■■■■■■■
今回講演をしてくださったまさや奈良くん、幕内くん、眞鍋くんがインターンシップ
をしている、日本とインドを繋ぐフリーペーパー「シバンス」では、
インターン生を募集しています。

インド│日本人向けのフリーペーパーをインド全土へ。企画、営業、制作インターンシップ
>>http://ajitora.jobweb.jp/intern/sm-05184

・インドマーケットを肌で感じたい方
・社会に価値提供することを通じて自分の価値を知りたい方
・圧倒的な自信を手に入れたい方
・webを通じた情報発信に興味がある方
・変化の激しい環境を楽しめる方
是非お越しください。
■■■■■■■■■■■■■

AJITORA Founder。海外留学、海外インターンシップ、海外バックパッカー経験を糧に駆け抜け中!

人がいいね!と言っています。
AJITORA*古田佳苗
関連する情報
この著者の記事一覧
10件
コメント
コメントはまだありません。