AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 神谷政志さん
  4. バイリンガルな世界とモノリンガル日本&アメリカ
海外インターンブログ

バイリンガルな世界とモノリンガル日本&アメリカ

2つの言語を話せる人のことを何といいますか?

答え:バイリンガル

3つの言葉を話せる人のことを何といいますか?

答え:トリリンガル

1つの言葉しか話せない人のことを何といいますか?

答え:アメリカ人

というジョークがアメリカにはあるそうです。
普通に答えれば、モノリンガルですね。

ニューヨークタイムズの2014年に「Are We Really Monolingual?」という記事があります。

アメリカの人口の20%は英語以外の言葉を話す人たち(バイリンガル)がいるそうです。

ただ、アメリカ人の認識として自分たちは英語しか話せないという認識はありそうです。

アメリカ人のパスポート取得率は日本人よりも少ないなどという噂もよく耳にしますが、モノリンガル、内向き志向は日本だけでなく、アメリカにもあるわけです。なので、そこまで卑下することはないですよね。

ところが・・・

◾️世界ではバイリンガルの方が多い?

少し古いデータですが、2005年9月のEU広報によれば、EU域内総人口の50%がバイリンガルで、学生・児童では80%が母語以外の1つ以上の外国語を自在に操れるそうです。

ちなみに、wikipediaにList of multilingual countries and regionsというページがあります。
アフリカ52カ国(56カ国中)
・ヨーロッパ37カ国(50カ国中)
・アジア27カ国(48カ国中)
・アメリカ大陸25カ国(35カ国中)
オセアニア10カ国(16カ国中)
がマルチリンガルの国のようです。

世界の196カ国中151カ国もがマルチリンガル国家です。

国数はそこまで正確にカウントしていませんが、
ここで言いたいのは世界にはマルチリンガルの国が多いということです。

◾️マルチリンガルなんて簡単な外国語を知っているしているだけにすぎないのでは?

マルチリンガルの国の人はたしかにいろんな言葉を話します。
日本で出会うヨーロッパ人は母国語と周辺国の言葉、英語を話せる人が多いように感じます。

インドにいたときは、英語と地元の州の言葉、近隣の州の言語が話せる人が多かったように感じました。

東アフリカであった人たちは、英語と周辺国やその国の部族語を話せる人が多かったように感じました。

ご近所の国では、台湾人は北京語と台湾語を話せる人もいますし、日本語話せる人もけっこういますよね。
韓国人にも日本語を話せる人は多いですよね。韓国語が話せる日本人の比率より日本語話せる韓国人の比率の方が高いと思います。

香港だと北京語と広東語、そして英語が話せる人がけっこういました。

バイリンガル、トリリンガル、マルチリンガルってすごそうですけど、自分の国の言葉に近い言葉は身につけやすいので、日本人が英語を頑張るほどの苦労はないのではないかと思います。

◾️言語レベル1のもの、ご近所の言葉を覚えてみる

世界の言語にはその共通性・相違性から言語距離というものがあり、4段階に分かれるそうです。

日本人の場合は以下のようになるそうです。
レベル1:韓国語 マレー語 インドネシア語、スワヒリ語 
レベル2:中国語 スペイン語 ポルトガル語 トルコ語 ベトナム語 
レベル3:英語 ドイツ語 フランス語 ハンガリー語 タイ語 
レベル4:ロシア語 ポーランド語 チェコ語 アラビア語

たしかにスワヒリ語、インドネシア語、韓国語を使える日本人の人たちから聞くのは、簡単ですよ!という感想。

レベル3の英語でつまずいて言語嫌いになってしまうのはもったいない。
レベル1の言葉をちょっと覚えて、気軽に外国語の勉強してもいいじゃないかと思います。

外国語への抵抗感がなくなってから英語やったら、結果的にいきなり英語から始めるより伸びるかもしれません。

ちなみに、英語から遠い距離にある言葉は、日本語、韓国語、北京語、広東語、アラビア語だそうです。
英語圏の人からしたら、日本語、韓国語、北京語、広東語話せる人は重宝されそうですが、その人口は中国と韓国は多そうですが、日本は少なそうです。

韓国の人が日本語は似ているから覚えられるよ。ヨーロッパ人より僕らが日本語できないとおかしいからね!
といっていて、日本人もそれぐらい言えた方がいいじゃなかな〜、なんて。

日本人が東アフリカの人に会って、その人の母国の隣の国々について、質問したりすることがありますが、
アフリカや南米の人、ヨーロッパの人からしたら、日本人にあったら、韓国や中国のことを聞かれるように思います。
そのときに、そうそう、近所の国だから言葉もちょっと話せるよ。韓国人の友達にちょっと聞いてみるよ!
なんて、東アジアの窓口的な役割をできたら、少し役立てるかもしれません。

英語を覚えたら、英語に近い言語を習得しやすくなるので、せっかく学校で勉強してきた英語も使いこなしたいですよね。
そうすると、フランス語やスペイン語がぐっと近くなります。

日本語からも英語からも遠い距離にあるアラビア語は曲者ですね。

でも、アラビア語は英語、フランス語、スペイン語、中国語などと並んで、世界で広く使われている言語なのでアラビア語できる日本人は貴重ですね。ほとんどあったことがありません。

英語は引き続き頑張りますが、レベル1の韓国語、マレー語・インドネシア語、スワヒリ語をあたり、勉強しようかな〜と思います。

大学時代にかじった中国語もやりたいですし、アフリカ行くとフランス語勉強したくなるし、ラテンの国にいこうと思うと、スペイン語やりたくなりますね。

外国語勉強している人、是非誘って下さい!!

◾️最後に、関西弁の壁を低くしてほしい!!

日本でも外国人が「こんにちは!」「ありがとうございます!」というと印象が良いですよね。
20カ国行きましたが、その国の言葉をカタコトで話すと喜ばれます。

しかし、唯一カタコトだと嫌がられるのが日本の関西地域。

僕は東京生まれ東京育ちで地方の言葉も知らず、世界でも筋金入りのモノリンガルで育ってしまったので、方言が羨ましいのです。特に関西弁はテレビで聞き慣れているので、憧れがあります。

で、頑張って話してみると、嫌な顔されるのです。
世界広しといえども、関西ぐらいなんじゃないか?と思ってしまいますが、いや、でも、外国人がカタコト関西弁話したら、好印象になる気がするんで、関西以外の地域の日本人には関西弁を話すチャンスはないんでしょうか(泣)。

でも、気にせず、関西着くとえせ関西弁使っちゃう自分がいるんですが、めげずに使います。関西ネイティブの人に指導してほしいです。

全世界の若者の就職、キャリア支援をすべく、順次各国を回っています。

人がいいね!と言っています。
Manatee
anna
てすてす
ゴジラ
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。