AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 神谷政志さん
  4. フィリピンで11ヶ月のインターンシップを経験中の園川さん
海外インターンブログ

フィリピンで11ヶ月のインターンシップを経験中の園川さん

フィリピンは日本じゃねぇんだよというブログの投稿がバズッたユーマくんをご存知でしょうか。
実に面白いブログなので見ていただきたいたいのですが、
ユーマくんはフィリピンのセブにて、社会人限定のオトナ留学「MBA」を運営するユナイテッド・リグロースで11ヶ月間インターンシップをしています。

・なぜ、セブでインターンシップをすることにしたのか?
・セブではどんな経験をしたのか?
・セブでの経験を経て、今後についてどう考えているのか?

など、お話を聞いていきました。

◆就活をやめて休学を決断。
31f063cdba5453593bfdbfb110e5858f.jpg
就活をしていて、日本で就職してから長期で海外に行くことは難しくなると感じました。海外で働くポジションを得るには、自分には英語力もなく、海外に長期でいた経験もありませんでした。新卒で入社後、あるいは卒業後に海外留学するとキャリアが崩れる可能性があります。しかし、休学して学生のうちに留学するのであれば、海外経験を積んだ上で新卒として就職することができます。そんなことを考えているときに読んだのが転職バーとこなつのオーナーのやっさんのブログです。これを読み、やっさんにも直接相談をして休学することを決断しました。

◆費用、質、機会から欧米留学ではなくフィリピン留学を考える
7f1d4d69af2cea61284f691f92789c35.jpg
最初は欧米留学を考えていました。しかし、予算を調べると300~400万円はかかる。その金額を用意するのは難しいと思っていたところに知ったのがフィリピン留学です。

フィリピンのコストは欧米留学の1/3。マンツーマン授業が中心で、授業の質も良さそうであること。
そして、ビジネスにも興味があったので、今後伸びるアジアの国で英語を学ぶということに興味を持ちました。

◆かっこよさと現実味を感じた経営メンバー
b23e553c817db741f24e5ccdb68ad9a2.jpg
フィリピン留学を調べていて知ったのが、社会人限定のフィリピンオトナ留学を手がけるユナイテッド・リグロースです。経営陣は20代に日本の会社でバリバリ働き、30代で起業しています。若手3人で経営しているということを知りワクワクしましたし、20代で日本で働いた上で30代に海外で起業するという流れが僕には現実味があるストーリーに思え、ユナイテッド・リグロースという会社に興味を持ちました。

◆セブのMBAだからこそ得られた人脈
59505076c0a31f879ebe117e263c0d60.jpgMBAは社会人限定の語学学校です。外資系コンサルティングファーム、外資系金融、総合商社、大手IT企業、日系大手メーカーで活躍されている方や、ベンチャー企業の社長、ITのフリーランサー、投資家などビジネスにおいて活躍している方が生徒さんです。

このような人たちとは日本ではなかなか出会えません。

しかし、MBAにくる方とは毎週月曜日の懇親会、毎週金曜日に飲み会、週末のアクティビティなどでつながりができます。

また、セブやフィリピンについては私の方が詳しいので、私からこちらの留学生活についてサポートやアドバイスをし、生徒様から各自の仕事についてお話を聞かせてもらうなど、対等に話しやすい状況にあります。その点もMBAインターン生であることのメリットだと思います。

◆フィリピン人先生とのつながり
8883043e30d937fbfcda16f1085c1c8f.jpg
一緒に働き、半日授業も受けていたので随分仲良くなりました。あまり観光客がいかない川で遊んだり、現地の人が遊ぶところで同じように遊びました。フィリピン人先生たちはそんなにお金があるわけではありません。それでも週末は全力で遊びます。イベントごとは思いっきり楽しみます。

仕事は日本人の方がスムーズにできると思いますが、プライベートを楽しむことについてはフィリピン人の方が上手いなと感じました。

日本人のお金を持っている人に高級リゾートにも連れてっていただきましたが、その場で話している内容は、他の場所で話すことと大きく変わるわけではありません。

人との関係があくまでメインで、フィリピン人の方が日本人よりもそれを大事にしていて、上手く扱っているように思いました。

◆学校の売上に直接関わる業務を任されました。
b6761f9973872d66eded595766f845cb.jpg
営業、売上に関わる部分を担当していました。ウェブマーケティングで集客をしており、問い合わせを得て、学校にお申込みいただくのが営業のプロセス。その窓口を担当させてもらいました。

学校の売上に直接関わる重要な仕事で、それまでは社長が担当していた業務でした。そのため、かなりみっちりと指導受け、営業的な感覚、テクニックについて学びました。メール営業のスキル、電話対応力も随分身についたと思います。

問い合わせ数などは色んな施策の積み重ねなので、全てが自分の成果ではありませんが、学校としてはお客様、売上ともに右肩上がりで、毎月高めの売上目標が設定されていたましたが、毎月目標が達成されて、学校が成長していく過程を体感することができました。

◆現場でのお客様対応
その他の業務としては、新しい生徒様へのオリエンテーション、周辺のガイド、そして週末のイベント企画です。これらの業務を通して、対面での対応はかなり磨かれました。

◆ベンチャーはハードワーク
00c4dbee5ef3d36b5ef376915bd65a96.jpg
マーケットの状況も変わりますし、競合もどんどん手を打ってきます。突然振られるタスクもあり、正直忙しい毎日です。インターン生は英語の授業を3コマ受ける権利が与えられていますが、仕事を優先させて、授業に出れないこともあります。

また、作業と仕事の違いについても認識させられました。仕事は創造的なこと、問題を解決することや業務を標準化すること。

◆インターンシップで得られたこと
基礎的なことではありますが、敬語の使い方、ビジネスメールの書き方、飲み会での立ち振る舞いについては身についたと思います。

◆風通しの良い社風とスピード感
不満点、良かった点など生徒様からアンケートを書いていただいています。それを週一開催しているミーティングで話し合い、翌日からすぐに改善するということはよくあります。

◆セブでインターンシップをして変わったこと、気づいたこと
39699ca53e9712e411977802723707cf.jpg
海外に行きたいという気持ちがより強くなりました。その土地に住む、現地の人と働くことを通して、
より深くその国について知ることができます。

その国の人たちの良いところを取り入れることができ、自分の常識の範囲がどんどん広がっていきます。他の国にも住んで、仕事をしてみたいと、さらに強く思うようになりました。

また、自分は営業職として働いていきたと改めてに思いました。今回のインターンシップで、最前線での対応を任せていただき、お客様と対応するのが楽しいと思いました。

◆知っていることとできるといことは全く別もの
d64359b77728ab9044a4d8f091bf5ce5.jpg
知っていることとできるといことは全く別ものであるということを痛感しました。私はお金稼ぎに興味があり、飛び込み営業のアルバイト、テレアポのアルバイトをやり、学生向けイベントの集客などをしてきました。

ビジネスマンと会って話を聞いたり、セミナーにいったり、ビジネス書を読んだり、知識はある程度持っていました。なので、自分でもできるんじゃないかと思っていたんですが、実際に仕事をやってみると全然仕事ができなくて愕然としました。ミスもたくさんしてしまいました。頭で知っているだけの知識ではなく、実際に経験してみることが大事だと思いました。やったこと以外残らない、使えるものになりません。

MBAはビジネスパーソンとしてすごい生徒様が多く、話を聞いてすごく刺激になるのですが、ただ話を聞いているだけでは限界があります。まずは自分で一歩踏み出さないとだめだと思いました。

なので、帰国してからは小さくてもいいので、自分で商売を始める予定です。
まずは就職して実力をつけてから、と思っていたのですが、会社員と働くことと、自分でビジネスをやることは共通する部分と異なる部分があると思うのです。スモールビジネスであれば、学生時代からもはじめることはできますので、まずは自分でビジネスをスタートさせてみたいと思っています。

--------

園川さんがインターンシップをしているユナイテッドリグロースが運営するMBAではインターンシップ生を絶賛募集中です。

詳しいインターンシップの内容はこちらから

フィリピンに関するブログ、その他のインターンシップ情報はこちらからご覧いただけます。

園川くんがフィリピンについて書いたブログが面白いのでご紹介しておきます。

全世界の若者の就職、キャリア支援をすべく、順次各国を回っています。

人がいいね!と言っています。
菊地恵理子@AJITORA
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。