AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 海外インターンブログ
  3. 神谷政志さん
  4. 花火で溢れるフィリピンの年越し~あけましておめでとうございます~
海外インターンブログ

花火で溢れるフィリピンの年越し~あけましておめでとうございます~

あけましておめでとうございます。


新年はフィリピンのセブで迎えました。
昨年ははじめて来日したインド人ビジネスパートナーの夫婦を迎えて日本で年越しをし、
一昨年はインドのバンガロールで新年を迎えました。

フィリピンでは花火の音は悪い霊を追い払うと言われているそうで、伝統的に花火で新年を祝うそうです。そんなこともあって、各家庭やホテルなどいたるところで花火が打ち上げられます。

セブ島で最も高い建物であるCrown Regency Hotelの屋上から街を見下ろすと、至るところで花火が打ちあがっています。日本では大きな打ち上げ花火が上がるのは決められた場所で打ちあがりますが、いたるところで無秩序に花火が炸裂します。
e2890faa8bca25d22df6c8dcb9cf060d.jpg

直径10cmほどの打ち上げ花火、100連発の爆竹、ロケット花火の100本束などが街では売られているそうです。

高いビルの上にいるのに、23時30分ぐらいからは花火の影響で煙く感じます。
Crown Regency Hotelでも0時00分になると、花火が打ち上げられるのですが、
屋上にいると、火の粉が飛んできます。すごい迫力です。

街中に花火が打ち上げられている様子はとても楽しいのですが、
毎年数百人が火傷などで負傷し、中には指や手を失う人、亡くなってしまう人もいるそうです。
また、銃をお祝いとして打つ人もいるそうです。

そういう危険な面もあるので気をつけないといけませんが、とても盛り上がる新年でした。

皆さんはどんな新年を迎えられましたか?


全世界の若者の就職、キャリア支援をすべく、順次各国を回っています。

人がいいね!と言っています。
関連する情報
表示する内容がありません
コメント
コメントはまだありません。