AJITORAについて|申込み方法・費用|お問い合わせ
ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. AJITORAブログ/コラム
  3. アメリカのインターンシップでかかる費用はいくら?経験者から聞きました。
AJITORAブログ/コラム
2015年8月17日

アメリカのインターンシップでかかる費用はいくら?経験者から聞きました。

航空券代や生活費など、海外インターンシップ参加費(10万8千円)の他に、どのくらい海外インターンシップに費用は掛かるんだろう?

そんなニーズに答えられればと思い、海外インターンシップの経験者に実際に掛った費用を聞き、整理いたしました。

このページでは「アメリカにインターンシップで行った際に掛かる費用」をご紹介します。


アメリカってどんな国?

世界経済の中核を担うアメリカ。

経済成長の高い新興国がビジネスでは注目されているが、今なお堅実に成長を続けており、現在はシェール革命によりアメリカに豊富なエネルギーがもたらされています

文化や経済、金融など様々なモノの発信地となっている国です。

そんなアメリカ、生活にかかる費用はどのくらいでしょうか?

アメリカ


航空券代

8万円~11万円/往復
航空券代は時期や渡航までの期間によって変動しますが、大体上記の金額で購入できます。

概ね8~9万円の航空券が多い印象でした。


保険代


1万5千円~2万1千円/1ヶ月

現地でもしものことがあった場合に身の安全を守る「海外危機対応サービス」を付帯させるため、指定の保険にご加入頂く必要があります。
4つの契約タイプがあるため、それにより1ヶ月ごとにかかる金額が変わってきます。


ビザ代


アメリカのビザは非常に複雑です。
個人で申請することはもちろん可能ですが、一般的には代行業者に依頼していることが多いでしょう。
どのビザを取得してインターンシップに参加するかについては、受け入れ先企業様と相談いただき、決定ください。

詳細情報については、米国国務省在日本大使館HP確認してください。
※2015年8月現在の情報です。


1ヶ月あたりの生活費


▼ニューヨークでインターンシップに取り組んでいたY

食費    6千円~1万円
交通費   1万1千円~2万円
交際費   1万1千円~2万円
家賃    5万1千円~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    計 8万円~10万1千円


<まとめると・・・>
個人差はあるものの、家賃を除くとおよそ「3万円~5万円」程度でアメリカでは1ヶ月生活できるようです。
住む地域によって金額は左右することがありますので、参考程度にご覧ください。

住居手当があるかないかはインターンシップの受け入れ先によって異なりますので、インターンシップで経験したいこととのバランスで考えましょう。


AJITORAからの豆知識


<食費の目安>
食費の目安は下記の通りです。
・ミネラルウォーター1本   :1ドル程度
・ローカルな食事1回 : 5~10ドル(ファストフード)

日本とほぼ変わらない物価であるアメリカ。
中~高級レストランに行くとなると、数千円はかかると見込む必要があります。
また、チップの文化があるため、レストランなどで食事をした際は要注意です。

※参考:1アメリカドル=124.37(2015年8月17日現在)

<アメリカの初任給>
アメリカでの平均給与はおよそ年収6万3000ドル(約784万円)と言われています。
2014年と比較し、およそ2万ドルほど上昇しているため、雇用環境がよくなっていることが伺えます。


参考記事・関連記事


<参考記事>
⇒「旅行情報.jp アメリカの物価
⇒「地球の歩き方 アメリカの食費
⇒「2015年 アメリカの大学卒の初任給
⇒「世界経済は停滞していない

<関連記事>
周辺国のインターンシップでかかる滞在費や航空券代などを紹介してます。
⇒「シンガポールのインターンシップでかかる費用ページ
⇒「ベトナムのインターンシップでかかる費用ページ


その他の海外インターンシップに掛かる費用を知りたい人はこちら
⇒「海外インターンシップ、費用まとめページ


海外インターンシップ情報

▼アメリカのインターンシップは下記よりチェック!※画像は作成し次第変更
アメリカ インターンシップ  
▼国や職種を悩んでいる方は海外インターンシップ説明会へエントリーください!
海外インターンシップ説明会
この執筆者の記事一覧
コメント
コメントはまだありません。